渋谷すばる、関ジャニ脱退の悲しき事情
NEW

渋谷すばる、関ジャニ脱退の悲しき事情

アイドルグループ「関ジャニ∞(エイト)」の渋谷すばるが脱退し、ジャニーズ事務所も退所することになった。コンサートツアーを前に突然発表されたメンバーの脱退に、衝撃が走った。SMAPや嵐に及ばない関ジャニとはいえ、人気絶頂期ともいえるこのタイミングで渋谷を決断させたものは何だったのか。

コメント

  • Thumbnail
    森友文書、首相の責任はどうなる?

    1

     福田事務次官の件は辞めたから、捏造であったかどうかはまたわからなくなったようだ。様子を見よう。でももし、捏造だったら超弩級には違いない。しかし、TV朝日は女性

  • Thumbnail
    「文春砲」が許せない

    0

    週刊文春の発行会社である文芸春秋社の社長は、あの有田芳生と同志的関係にあるそうな。 週刊文春が、日本社会が混乱させるかの報道を繰り返すのは当たり前なんじゃないの

  • Thumbnail
    何が何でも「安倍退陣」リベラルの姑息

    53

    「国民の敵」=小西 小西は小野寺防衛相の辞任を求めているが、ならば先に自分自身が議員バッジをはずすべきである。 安保法案が成立したとき、亡命すると宣言した自分の

一覧

いま話題の執筆陣

米山隆一

米山隆一

新潟県知事。昭和42年、新潟県生まれ。東京大学医学部卒。ハーバード大学附属マサチューセッツ総合病院研究員、東京大学先端科学技術研究センター医療政策人材養成講座特任講師、医療法人社団太陽会理事長、弁護士法人おおたか総合法律事務所代表弁護士を経

鈴木哲夫

鈴木哲夫

1958年生まれ。早稲田大学法学部卒。ジャーナリスト。テレビ西日本報道部、フジテレビ報道センター政治部、日本BS放送報道局長などを経て、2013年6月からフリージャーナリストとして活動。20年以上にわたって永田町を取材し、与野党問わず豊富な

ハイセーヤスダ

ハイセーヤスダ

フリーライター。昭和41年、神奈川県生まれ。情報番組ディレクターを経て、雑誌編集者として「高二時代」、「小学五年生」、「宝島」、「MEN’S WALKER」などで仕事をし、一時は漫画誌で赤塚不二夫の担当も務めた。「週刊特報」ではデスクを務め

井上和彦

井上和彦

ジャーナリスト。昭和38年、滋賀県生まれ。法政大卒。軍事・安全保障・外交問題などをテーマに、テレビ番組のキャスターやコメンテーターを務める。国家基本問題研究所企画委員、航空自衛隊幹部学校講師、商社シンクタンク部門主席アナリスト。第17回正論

三浦瑠麗

三浦瑠麗

東京大学政策ビジョン研究センター講師、青山学院大学兼任講師、国際政治学者、法学博士。昭和55年、神奈川県生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科修了。専門は国際政治、比較政治。著書に『シビリアンの戦争』(岩波書店)、『日本に絶望している人のた

佐々木亮

佐々木亮

弁護士。昭和50年、北海道生まれ。平成11年に東京都立大卒業後、15年に弁護士登録。現在旬報法律事務所に勤務。日本労働弁護団常任幹事、ブラック企業被害対策弁護団代表などを務める。「いのちが危ない残業代ゼロ制度」(共著、岩波ブックレット)、「

八幡和郎

八幡和郎

徳島文理大学教授。昭和26年、滋賀県生まれ。東大法学部卒業後、通産省入省。フランス国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任。退官後は作家、評論家として新聞やテレビで活躍。著書に『蓮舫「二重国籍」のデタ

小島伸之

小島伸之

上越教育大教授。昭和45年2月、横浜市生まれ。平成18年、東洋大大学院社会学研究科博士後期課程修了。専攻は憲法・日本近代法史・宗教社会学。「宗教と社会」学会会員。共編著として『近現代日本の宗教変動』(ハーベスト社)、共著に『昭和初期の神道と