静かな「東京マラソン」激戦の行方
NEW

静かな「東京マラソン」激戦の行方

感染者が国内で相次ぐ新型コロナウイルスは、東京五輪のマラソン代表争いにも影響を及ぼした。一般ランナーがいない東京マラソンだが、それでも男子「最後の切符」を目指し、大迫傑や設楽悠太など有力ランナーが集結した。「厚底シューズ」効果で高速レースは必至、静かでも熱いレースで五輪に大きく前進するのは誰か。

一覧

いま話題の執筆陣

高山佳奈子

高山佳奈子

京都大学大学院法学研究科(法科大学院)教授。昭和43年生まれ。専門は刑法。経済産業省産業構造審議会臨時委員、文部科学省科学技術・学術審議会臨時委員、法務省犯罪白書研究会委員、日本学術会議連携会員、京都府青少年健全育成審議会委員、名古屋大学・

坂本衛

坂本衛

ジャーナリスト。昭和33年、東京都生まれ。早稲田大政治経済学部政治学科中退。在学中から週刊誌、月刊誌などで取材執筆を開始。放送批評懇談会理事。元『放送批評』『GALAC』編集長。日本大学芸術学部放送学科講師。著書に『「地デジ化」の大問題』(

常石敬一

常石敬一

神奈川大学名誉教授。昭和18年、東京都生まれ。東京都立大卒業。長崎大学教授などを経て神奈川大学教授。著書に『消えた細菌戦部隊』(ちくま文庫)、『医学者たちの組織犯罪』(朝日文庫)、『七三一部隊』(講談社現代新書)、『原発とプルトニウム』(P

高橋学

高橋学

立命館大環太平洋文明研究センター教授。昭和29年、愛知県生まれ。専門は環境考古学(環境史・土地開発史・災害史)、災害リスクマネージメント。立命館大大学院博士後期課程単位取得。ロンドン大(UCL)考古学研究所客員教授、高麗大考古環境研究所客員

川村卓

川村卓

筑波大准教授。昭和45年、北海道江別市生まれ。札幌開成高校の主将、外野手として甲子園出場。筑波大大学院体育研究科修了後、北海道で高校教員として4年半勤務。平成12年から筑波大体育科学系講師となり、その後、同硬式野球部監督に就任。筑波大で野球

香田洋二

香田洋二

元海上自衛隊自衛艦隊司令官。昭和24年、徳島県生まれ。防衛大卒後、海上自衛隊入隊。護衛艦隊司令官、佐世保地方総監、自衛艦隊司令官などを歴任し、平成20年退官。現在はジャパンマリンユナイテッド顧問。

高荷智也

高荷智也

ソナエルワークス代表、備え・防災アドバイザー。昭和57年、静岡県生まれ。「自分と家族が死なないための防災対策」と「中小企業の身の丈BCP」のポイントを解説するフリーの専門家。分かりやすく実践的なアドバイスに定評があり、講演・執筆・メディア出

木崎伸也

木崎伸也

スポーツライター。1975年、東京都出身。金子達仁氏主催のスポーツライター塾を経て、2002年W杯後にオランダへ移住。2003年からドイツを中心に欧州サッカーを取材。現在は東京を拠点にし、2016年に新メディア「REALQ」を設立した。主な