NGT騒動、出て来い!秋元康
NEW

NGT騒動、出て来い!秋元康

NGT48の山口真帆が卒業を発表した。卒業コメントで山口は、運営会社AKS社長から「会社を攻撃する加害者だ」と言われたことを明かし、そのブラック体質が再び物議を呼んだ。それにもまして不可解なのは、AKBグループの総合プロデューサー、秋元康氏がいまだ沈黙を続けていることである。(写真は©AKS)

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

戸部田誠

戸部田誠

ライター。昭和53年、福岡県生まれ。ペンネーム「てれびのスキマ」。「週刊文春」「水道橋博士のメルマ旬報」などで連載中。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『全部やれ。』(文藝春秋)など多数。

呉智英

呉智英

評論家。昭和21年、名古屋市生まれ。早稲田大法学部卒業後、文筆、評論活動を始める。特にマンガ評論で知られ、平成17~25年まで日本マンガ学会会長を務めた。著書に『封建主義 その論理と情熱 さらば、さらば民主主義よ!』(Century pre

佐藤智

佐藤智

教育ライター。昭和56年、東京都生まれ。横浜国立大学大学院教育学研究科修了。ビジネス系出版社に勤務後、ベネッセコーポレーション教育研究開発センターで、学校情報誌の編集を担当。現在は、フリーで執筆、講演などを行う。著書に、『公立中高一貫校選び

屋山太郎

屋山太郎

1932年、福岡県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。時事通信社に入社後、政治部記者、ローマ特派員、官邸クラブキャップ、ジュネーブ特派員、編集委員兼解説委員を歴任。81年より第二次臨時行政調査会(土光臨調)に参画し、国鉄の分割・民営化を推進した

大下英治

大下英治

1944年、広島県出身。大宅壮一マスコミ塾第七期生。『週刊文春』特派記者いわゆる“トップ屋"として活躍。圧倒的な取材力から数々のスクープをものにする。その後、作家として独立。政治、経済、芸能、闇社会まで幅広いジャンルにわたり旺盛な執筆活動を

富坂聰

富坂聰

ジャーナリスト、拓殖大学海外事情研究所教授。昭和39年、愛知県生まれ。北京大学中文系に留学したのち、週刊誌記者などを経てジャーナリストとして活動。中国の政・官・財界に豊富な人脈を持つ。『中国人民解放軍の内幕』(文春新書)など著書多数。近著に

森口将之

森口将之

モータージャーナリスト、モビリティジャーナリスト。昭和37年、東京都生まれ。早大教育学部卒。国内外の交通事情や都市計画、環境対策を取材・視察し、メディアやコンサルティングを通して最新モビリティ事情を紹介している。著書に『これでいいのか東京の

鈴木英雄

鈴木英雄

筑波大学附属病院つくば予防医学研究センター副部長、予防医療普及協会顧問。昭和44年、神奈川県生まれ。筑波大医学専門学群卒業。堀江貴文氏との共著(予防医療普及協会として)に『むだ死にしない技術』(マガジンハウス)、『健康の結論』(KADOKA