ハマってはならない中国「海警法」の罠
NEW

ハマってはならない中国「海警法」の罠

中国「海警法」の脅威を指摘する声が相次ぐには理由がある。それは、尖閣を巡って日本が対応を誤れば取り返しのつかないカラクリが隠されているからだ。もはや「中国公船」などと呼ぶのは甘すぎる。再三警告しているように、日本は現実を直視し、国際社会に向けた「世論戦」を仕掛けなければならない。

一覧

いま話題の執筆陣

橋爪大三郎

橋爪大三郎

社会学者・東京工業大学名誉教授。昭和23年、神奈川県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。著書に、『フリーメイソン』(小学館新書)、『性愛論』(河出文庫)、『丸山眞男の憂鬱』(講談社選書メチエ)など多数。

八木秀次

八木秀次

麗澤大経済学部教授。昭和37年、広島県生まれ。早大大学院政治学研究科博士後期課程中退。高崎経済大教授などを経て、平成26年から現職。専門は憲法学、国家論、人権論。教育再生実行会議提言フォローアップ会合委員、法制審議会民法(相続関係)部会委員

石井昌浩

石井昌浩

昭和15年、山形県生まれ。早稲田大学法学部卒業。都立工業技術教育センター所長、教育庁施設部長、東京都現代美術館副館長、東京文化会館副館長、都立教育研究所次長、国立市教育長、拓殖大学客員教授、東京造形大学講師を歴任。著書に、『丸投げされる学校

生田英輔

生田英輔

大阪市立大大学院生活科学研究科准教授。昭和51年、兵庫県生まれ。同大生活科学部卒業、同大大学院生活科学研究科後期博士課程修了。現在、同大都市防災教育研究センター副所長を兼任。専門は居住安全工学。著書に『Human Casualties in

上谷さくら

上谷さくら

犯罪被害者支援弁護士フォーラム事務次長。第一東京弁護士会犯罪被害者に関する委員会副委員長。青山学院大学法科大学院実務家教員。福岡県出身。青山学院大学法学部卒。毎日新聞記者を経て、平成19年弁護士登録。保護司。

丸川知雄

丸川知雄

東京大学社会科学研究所教授。1964年、東京都生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科

小野憲史

小野憲史

ゲームジャーナリスト。昭和46年生まれ。関大社会学部卒。ゲーム雑誌「ゲーム批評」編集長などを経て、平成12年からフリーのゲームジャーナリストとして活動。24年にはゲーム開発と産業を支援するNPO法人「国際ゲーム開発者協会日本」代表に就任。主

杉田水脈

杉田水脈

衆院議員。昭和42年、神戸市生まれ。鳥取大農学部卒。西宮市職員などを経て、平成24年に日本維新の会公認で衆院選に出馬し、初当選。26年に落選後は、民間国際NGOの一員として国際社会での日本の汚名をそそぐために活動。29年の衆院選で返り咲きを