東日本大震災10年目の述懐
57

東日本大震災10年目の述懐

東日本大震災は発生から10年の節目を迎えた。あの日、われわれは成す術もなく自然の猛威を改めて実感し、原発事故を含め「想定外」として受け入れるしかなかった。ただ、無力さの中で何ができるかの議論は進んでいる。当時、政府や自衛隊、同盟国として関わった3識者が、10年を経た万感の思いとともに、防災対策の真の在り方を問う。

一覧

いま話題の執筆陣

渡邊大門

渡邊大門

歴史学者。昭和42年、神奈川県生まれ。関西学院大文学部卒、仏教大大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、株式会社「歴史と文化の研究所」の代表取締役を務める。主な著書に『進化する戦国史』(洋泉社)『真田幸村と真田丸の真実』(光文社新書)など多

影山貴彦

影山貴彦

同志社女子大学メディア創造学科教授。昭和37年、岡山市生まれ。早大政治経済学部卒。毎日放送プロデューサーを経て現職。専門はメディアエンターテインメント論。上方漫才大賞審査員、日本笑い学会理事なども務める。主な著書に『おっさん力』(PHP研究

小川榮太郎

小川榮太郎

文芸評論家。昭和42年、東京生まれ。大阪大学文学部卒業、埼玉大学院修了。専門は近代日本文学、19世紀ドイツ音楽。一般社団法人日本平和学研究所理事長、放送法遵守を求める視聴者の会呼びかけ人。著書に『約束の日 安倍晋三試論』(幻冬舎)、『最後の

木村太郎

木村太郎

フリージャーナリスト。1938年、米国生まれ。慶応大法学部卒。昭和39年にNHKに入局し、社会部記者やアメリカ総局特派員として勤務。58年から「ニュースセンター9時」のメーンキャスター。NHK退職後はフリージャーナリスト、キャスター、コメン

潮匡人

潮匡人

評論家。昭和35年、青森県生まれ。早稲田大法学部卒。旧防衛庁・航空自衛隊に入隊。長官官房などを経て、3等空佐で退官。帝京大准教授、拓殖大日本文化研究所客員教授などを歴任。著書に『誰も知らない憲法9条』(新潮社)など多数。

物江潤

物江潤

著述家、学習塾塾長。昭和60年、福島県生まれ。早稲田大理工学部卒。東北電力、松下政経塾を経て、福島市で明志学習塾を開業。著書に『だから、2020年大学入試改革は失敗する』(共栄書房)、『聞き歩き福島ノート』(近未来社)。近著に『ネトウヨとパ

佐久間大輔

佐久間大輔

弁護士。昭和45年、埼玉県生まれ。中央大学法学部卒。平成9年東京弁護士会に登録、25年つまこい法律事務所開設。労災・過労死事件を中心に労働事件などに取り組む。著書に『過労死時代に求められる信頼構築型の企業経営と健康な働き方』(労働開発研究会

藤めぐみ

藤めぐみ

一般社団法人レインボーフォスターケア代表理事。法務博士(専門職)。オーストラリア・シドニー生まれ。大阪府育ち。大阪大学文学部卒業、関西大学法科大学院修了。 衆議院議員公設秘書、自治体職員、中間支援組織スタッフなどを経験。平成25年、LGB