コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て
NEW

コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て

西村康稔経済再生担当相の逆ギレ会見が物議を醸したが、その1週間後の9日、東京都の感染者が224人と過去最多になった。検査数などを踏まえる必要があるとはいえ、これが現実だ。指摘されてきた感染防止と経済の「二兎」追いの危険性が露呈しつつある。行政の「ご都合主義」戦略が続けば、コロナ戦争は敗北が濃厚ではないか。

一覧

いま話題の執筆陣

遠藤乾

遠藤乾

北海道大大学院法学研究科・公共政策大学院教授。昭和41年、東京都出身。 北大法学部卒。日本学術振興会海外特別研究員、同大助教授などを経て現職。著書に『統合の終焉-EUの実像と論理』(岩波書店)など。

武藤正敏

武藤正敏

元駐韓大使。昭和23年、東京都生まれ。47年、横浜国立大卒業後、外務省入省。北東アジア課長や駐クウェート日本大使などを歴任。語学研修を含め韓国赴任は5度、通算約12年に及ぶ。平成22年に駐韓日本大使に就任し、24年に大使退任。25年、韓国政

山田吉彦

山田吉彦

東海大海洋学部教授。昭和37年、千葉県生まれ。学習院大経済学部卒。埼玉大大学院経済科学研究科博士課程修了。東洋信託銀行(当時)、日本財団勤務などを経て現職。尖閣諸島の活用に関する東京都専門委員などを歴任。著書に『国境の人びと 再考・島国日本

山田順

山田順

ジャーナリスト。昭和27年、神奈川県生まれ。立教大卒。光文社に入り、「光文社ペーパーバックス」を創刊し編集長を務めた。平成22年からフリーに。主な著書に『出版・新聞絶望未来』(東洋経済新報社)、『円安亡国』(文春新書)など多数。近著に『東京

木村三浩

木村三浩

民族派愛国者団体「一水会」代表。昭和31年、東京都生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科に学ぶ。一水会書記長を経て、平成12年より一水会代表。月刊『レコンキスタ』発行人。三田文学会、日本ペンクラブ会員。著書に『お手軽愛国主義を斬る〜新右翼の論

ダンカン

ダンカン

昭和34年生まれ。埼玉県出身。コメディアン、俳優、構成作家。58年たけし軍団に入団。平成10年映画「生きない」で脚本、主演を担当。同作品はスイス・ロカルノ国際映画祭コンペ部門に正式出品され、全キリスト教会賞を受賞。

物江潤

物江潤

著述家、学習塾塾長。昭和60年、福島県生まれ。早稲田大理工学部卒。東北電力、松下政経塾を経て、福島市で明志学習塾を開業。著書に『だから、2020年大学入試改革は失敗する』(共栄書房)、『聞き歩き福島ノート』(近未来社)。近著に『ネトウヨとパ

稲田朋美

稲田朋美

衆議院議員。昭和34年、福井県生まれ。早稲田大卒業後の昭和60年に弁護士登録。平成17年9月の衆院選で自民党(福井1区)から出馬し初当選した。現在5期目。内閣府特命担当大臣、国家公務員制度担当大臣、自民党政調会長などを歴任、28年8月~29