静かな「東京マラソン」激戦の行方
NEW

静かな「東京マラソン」激戦の行方

感染者が国内で相次ぐ新型コロナウイルスは、東京五輪のマラソン代表争いにも影響を及ぼした。一般ランナーがいない東京マラソンだが、それでも男子「最後の切符」を目指し、大迫傑や設楽悠太など有力ランナーが集結した。「厚底シューズ」効果で高速レースは必至、静かでも熱いレースで五輪に大きく前進するのは誰か。

一覧

いま話題の執筆陣

有田芳生

有田芳生

参院議員、ジャーナリスト。昭和27年、京都生まれ。平成19年まで日本テレビ系『ザ・ワイド』にレギュラーコメンテーターとして出演。著書に『私の家は山の向こう テレサ・テン十年目の真実』(文藝春秋)、『「コメント力」を鍛える』(NHK生活者新書

西村幸祐

西村幸祐

昭和27年(1952)東京生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科中退。在学中より「三田文学」編集担当。「ニューミュージック・マガジン」(現「ミュージック・マガジン」)、音楽ディレクター、コピーライターを経て1980年代後半からF1やサッカーを取材

最新の記事

保坂展人

保坂展人

東京都世田谷区長、ジャーナリスト。昭和30年、仙台市生まれ。都新宿高中退。中退後、教育問題を中心にジャーナリストとして活動。平成8年の衆院選で初当選し、通算3期務める。23年、世田谷区長に当選。主な著書に『相模原事件とヘイトクライム』(岩波

武貞秀士

武貞秀士

拓殖大学大学院特任教授。専門は朝鮮半島論。1949年、神戸市生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了。韓国延世大学韓国語学堂卒業。1975年から防衛省防衛研修所(のち防衛研究所と呼称変更)に教官として36年間勤務。在職中に米国スタンフォード大

吉良佳子

吉良佳子

参議院議員。昭和57年、高知県生まれ。早稲田大第一文学部卒。平成25年の参院選に東京選挙区より出馬し、初当選。以来、2期連続当選。29年から日本共産党中央委員も務める。

瀬地山角

瀬地山角

東京大大学院総合文化研究科教授。昭和38年生まれ、奈良県出身。東大教養学部卒業、同大学院博士課程修了、学術博士。北海道大学文学部助手などを経て現職。専門はジェンダー論。著書に『お笑いジェンダー論』『ジェンダーとセクシュアリティで見る東アジア

森鷹久

森鷹久

フリー編集者、ライター。昭和59年、佐賀県唐津市生まれ。番組製作会社、出版社勤務を経てフリー編集者、ライターに。「若年層の保守」をテーマに、研究・執筆中。最終学歴は中卒の自他ともに認める「ネトウヨ」。著書に『ヘイトスピーチとネット右翼』(オ

木下直之

木下直之

1954年、静岡県生まれ。東京芸術大学大学院中退。兵庫県立近代美術館学芸員、東京大学総合研究博物館助教授を経て、東京大学大学院教授(文化資源学)。ユニークな視点から、日本美術、写真、祭礼、見世物などの研究を続けている。2015年春の褒章で紫