コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て
NEW

コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て

西村康稔経済再生担当相の逆ギレ会見が物議を醸したが、その1週間後の9日、東京都の感染者が224人と過去最多になった。検査数などを踏まえる必要があるとはいえ、これが現実だ。指摘されてきた感染防止と経済の「二兎」追いの危険性が露呈しつつある。行政の「ご都合主義」戦略が続けば、コロナ戦争は敗北が濃厚ではないか。

一覧

いま話題の執筆陣

山田敏弘

山田敏弘

国際ジャーナリスト。昭和49年生まれ。米マサチューセッツ工科大学(MIT)元安全保障フェロー。講談社、ロイター通信社、ニューズウィーク誌などに勤務後、MITを経てフリー。著書に『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』(文藝春秋)、『

江崎道朗

江崎道朗

評論家。昭和37年生まれ。国会議員の政策スタッフとして安全保障、インテリジェンス、近現代史の研究に従事。著書に『日本は誰と戦ったのか』(ベストセラーズ)、『コミンテルンの謀略と日本の敗戦』(PHP新書)、『アメリカ側から見た東京裁判史観の虚

青山繁晴

青山繁晴

参議院議員、作家、国家戦略アナリスト。昭和27年、神戸市生まれ。共同通信記者、三菱総合研究所研究員を経て、独立総合研究所代表に就任。平成28年参院選比例代表で自民党から出馬し初当選。近著に『ぼくらの死生観』(ワニブックス)。

元木昌彦

元木昌彦

ジャーナリスト。昭和20年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。上智大や明治学院大、大正大などで非常勤講師(マスコミ論)を務めた。現在、インターネット報道協会代表理事。著書に『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版

仲野博文

仲野博文

ジャーナリスト。甲南大学卒業後、米エマーソン大学でジャーナリズムの修士号を取得。ワシントンDCで日本の報道機関に勤務後、フリーに転身。2007年冬まで、日本のメディアに向けてアメリカの様々な情報を発信。08年より東京を拠点に活動を開始。ラジ

櫻井幸雄

櫻井幸雄

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく、近畿圏、中部圏、福岡、札幌など全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、そして文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。

薗潤

薗潤

NPO法人日本タバコフリー学会代表理事。協和マリナホスピタル顧問、緩和ケア内科医。昭和24年、兵庫県尼崎市生まれ。京都大学医学部卒業。阪神淡路大震災を機に神戸市立中央市民病院で禁煙活動開始。平成19年、WHO世界禁煙デー賞受賞。元西宮市保健

さやわか

さやわか

批評家、まんが原作者。芸術総合誌『ユリイカ』などで執筆。著書に『AKB商法とは何だったのか』(大洋図書)『僕たちのインターネット史』(亜紀書房、ばるぼらとの共著)『名探偵コナンと平成』(コア新書)など多数。まんが原作に『キューティーミューテ