「日本学術会議」学問の退廃ここに極まれり
NEW

「日本学術会議」学問の退廃ここに極まれり

「汝平和を望まば、戦争を理解せよ」。イギリスの戦略思想家、リデル・ハートの名言は「学問の自由」をうたいながら、軍学分野を忌避してきた日本の学術界の矛盾をあぶり出す。論争が続く日本学術会議会員の任命拒否問題は、政府側も説明責任を果たさず、論点がズレ始めていないだろうか。改めて問題の本質を問う。

一覧

いま話題の執筆陣

玉井清

玉井清

慶應義塾大法学部教授、法学博士。昭和34年生まれ。同大法学部政治学科卒。同大大学院博士課程単位取得退学。専門は近代日本政治史。ハーバード大(ライシャワー研究所、イェンチン研究所)、 中央研究院(台湾)、オックスフォード大(日産・日本研究所)

百地章

百地章

国士舘大大学院客員教授。昭和21年、静岡県生まれ。京大大学院法学研究科修士課程修了。愛媛大学教授、日本大学法学部教授を経て現職。専門は憲法学。法学博士。比較憲法学会理事長。産経新聞「国民の憲法」起草委員。著書に『憲法の常識 常識の憲法』『憲

小田桐誠

小田桐誠

ジャーナリスト。昭和28年10月、青森県生まれ。亜細亜大学法学部卒。日本実業出版社を経て現職。著書に『NHKはなぜ金持ちなのか?』(双葉新書)、『PTA改造講座』(NHK出版新書)『消えたお妃候補たち』(宝島社)など多数。

木曽崇

木曽崇

国際カジノ研究所所長。昭和51年、広島県生まれ。ネバダ大ラスベガス校ホテル経営学部卒(カジノ経営学専攻)。米国大手カジノ事業者での会計監査職を経て、帰国。平成16年、エンタテインメントビジネス総合研究所へ入社。17年、早稲田大アミューズメン

若狭勝

若狭勝

前衆院議員、弁護士。昭和31年、東京都生まれ。中央大学法学部卒業。昭和58年、東京地検の検事に任官。東京地検特捜部検事、横浜地検刑事部長、東京地検特捜部副部長、東京地検公安部長などを歴任。平成21年に弁護士登録。26年の衆院選で初当選(比例

奈良林直

奈良林直

東京工業大特任教授。昭和27年、東京都生まれ。東京工業大理工学研究科原子核工学修士課程修了。専門は原子炉工学。東芝に入社し原子力の安全性に関する研究にに従事。同社電力・産業システム技術開発センター主幹などを務め、平成19年に北海道大大学院教

鳥越皓之

鳥越皓之

大手前大学学長。昭和19年、沖縄県生まれ。関西学院大教授、筑波大教授、早稲田大教授を経て、平成27年から現職。専門は社会学、社会史、民俗学、環境問題、地域計画。著書に『地域自治会の研究』(ミネルヴァ書房)、『「サザエさん」的コミュニティの法

後藤洋平

後藤洋平

プロジェクトコンサルタント。昭和57年、大阪府生まれ。東京大工学部システム創成学科卒。「世界で一番わかりやすく、実際に使えるプロジェクト推進フレームワーク」の構築に取り組む。著書に『予定通り進まないプロジェクトの進め方』(宣伝会議)など。