渋谷すばる、関ジャニ脱退の悲しき事情
NEW

渋谷すばる、関ジャニ脱退の悲しき事情

アイドルグループ「関ジャニ∞(エイト)」の渋谷すばるが脱退し、ジャニーズ事務所も退所することになった。コンサートツアーを前に突然発表されたメンバーの脱退に、衝撃が走った。SMAPや嵐に及ばない関ジャニとはいえ、人気絶頂期ともいえるこのタイミングで渋谷を決断させたものは何だったのか。

コメント

  • Thumbnail
    森友文書、首相の責任はどうなる?

    1

     福田事務次官の件は辞めたから、捏造であったかどうかはまたわからなくなったようだ。様子を見よう。でももし、捏造だったら超弩級には違いない。しかし、TV朝日は女性

  • Thumbnail
    「文春砲」が許せない

    0

    週刊文春の発行会社である文芸春秋社の社長は、あの有田芳生と同志的関係にあるそうな。 週刊文春が、日本社会が混乱させるかの報道を繰り返すのは当たり前なんじゃないの

  • Thumbnail
    何が何でも「安倍退陣」リベラルの姑息

    53

    「国民の敵」=小西 小西は小野寺防衛相の辞任を求めているが、ならば先に自分自身が議員バッジをはずすべきである。 安保法案が成立したとき、亡命すると宣言した自分の

一覧

いま話題の執筆陣

田口一博

田口一博

新潟県立大国際地域学部准教授。昭和37年、神奈川県横須賀市生まれ。東京農業大農学部卒、放送大院修了。横須賀市職員、地方自治総合研究所常任研究員などを経て、平成22年から現職。専門は議会学、行政学。著書に『議会の?(なぜ)がわかる本』(中央文

金子拓

金子拓

1967年山形県生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程後期修了。博士(文学)。現在東京大学史料編纂所画像史料解析センター准教授。著書『織田信長権力論』『中世武家政権と政治秩序』(吉川弘文館)、『織田信長〈天下人〉の実像』(講談社現代新書)

物江潤

物江潤

著述家、学習塾塾長。昭和60年、福島県生まれ。早稲田大理工学部卒。東北電力、松下政経塾を経て、福島市で明志学習塾を開業。著書に『だから、2020年大学入試改革は失敗する』(共栄書房)、『聞き歩き福島ノート』(近未来社)。

鄭大均

鄭大均

首都大学東京特任教授。昭和23年、岩手県生まれ。立教大と米UCLAで学ぶ。専門は日韓関係。平成16年、日本国籍を取得。 主な著書に『韓国のイメージ』(中公新書)、『在日・強制連行の神話』(文春新書)、『姜尚中を批判する』(飛鳥新社)など。近

八代尚宏

八代尚宏

昭和女子大学グローバルビジネス学部長・特命教授。昭和21年、大阪府生まれ。国際基督教大卒。旧経済企画庁、日本経済研究センター理事長、国際基督教大学教授などを経て現職。メリーランド大学経済学博士。規制改革推進会議委員。著書に『シルバー民主主義

森本あんり

森本あんり

1956年生まれ。国際基督教大学、東京神学大学、プリンストン神学大学院を修了。Ph.D.(組織神学)。国際基督教大学人文科学デパートメント教授(哲学・宗教学)、2012年より学務副学長。プリンストンやバークレーで客員教授を務める。主な著書に

鈴木宗男

鈴木宗男

1948年、北海道足寄町生まれ。拓殖大学在学中から故・中川一郎氏の秘書を務める。83年、衆議院議員に当選。第2次橋本内閣で国務大臣北海道・沖縄開発庁長官、小渕内閣で内閣官房副長官を務める。05年8月、新党大地を結成。09年9 月、衆議院外務

草刈秀紀

草刈秀紀

世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)事務局長付。昭和33年、熊本県生まれ。日大農獣医学部卒。日本自然保護協会嘱託職員、WWFジャパン自然保護室次長などを経て現職。国会議員に対するロビー活動を行い、自然保護に関する法制度の制定・改正に関