愛子さまが天皇になる日
13423

愛子さまが天皇になる日

「令和」が幕を開けた。列島は祝福ムード一色だが、新時代の皇室が抱える不安も少なからずある。平成の終わりに週刊誌上をにぎわせた「愛子天皇」待望論はその最たるものであろう。秋篠宮家を取り巻く最近の風評が多分に影響しているとはいえ、令和の次の時代に愛子天皇が誕生する日は本当に訪れるのか。

一覧

いま話題の執筆陣

青山繁晴

青山繁晴

参議院議員、作家、国家戦略アナリスト。昭和27年、神戸市生まれ。共同通信記者、三菱総合研究所研究員を経て、独立総合研究所代表に就任。平成28年参院選比例代表で自民党から出馬し初当選。近著に『ぼくらの死生観』(ワニブックス)。

屋山太郎

屋山太郎

政治評論家。昭和7年、福岡県生まれ。東北大文学部卒。時事通信記者を経て、第2次臨時行政調査会(土光臨調)で国鉄分割民営化を推進。選挙制度審議会委員などを歴任。近著に『安倍外交で日本は強くなる』(海竜社)。

上田健介

上田健介

近畿大大学院法務研究科教授。昭和49年、愛媛県生まれ。京都大法学部卒業、同大学院法学研究科博士後期課程中退。京都大学博士(法学)。平成23年から現職。専攻は憲法学。著書に『首相権限と憲法』(成文堂)、共著に『憲法判例50!』(有斐閣)など。

高橋洋一

高橋洋一

嘉悦大学教授、政策工房会長。昭和30年、東京都生まれ。東大理学部、経済学部卒。55年に大蔵省に入省し、理財局資金企画室長内閣参事官(官邸・総理補佐官補)などを歴任。退官後は金融庁顧問などを経て現職。主な著書に『さらば財務省』(講談社)、『ア

山岸純

山岸純

弁護士法人ALG&Associates執行役員・弁護士。昭和53年、福島県出身。各種メディアで時事ネタや芸能ニュースを、法律の観点から分かりやすく解説。執行役員として法律事務所を経営するかたわら、PTAにおける様々な問題解決のため、都内の小

田辺功

田辺功

医療ジャーナリスト。昭和19年、富山県出身。東京大工学部航空学科卒。朝日新聞大阪本社学芸部、東京本社科学部、東京本社編集委員(医療・医学担当)などを経て現職。著書に『続・お医者さんも知らない治療法教えます』(西村書店) 、『ドキュメント医療

熊代亨

熊代亨

精神科医。昭和50年、石川県生まれ。信州大医学部卒。地域精神医療に従事する傍ら、人気ブログ『シロクマの屑籠』で現代人の社会適応やサブカルチャー領域について発信している。著書に『ロスジェネ心理学』(花伝社)、『「若作りうつ」社会』(講談社)な

依田啓示

依田啓示

昭和48年、京都府生まれ。幼少期をハワイで過ごし、5歳から沖縄の与那原・浦添で育つ。沖縄大学卒業後、ハワイ大学で言語学、政治科学を専攻。ハワイでの食品流通に関わる仕事の経験から、農のあるライフスタイルの実現を目指す。日本帰国後、2004年、