「日本学術会議」学問の退廃ここに極まれり
NEW

「日本学術会議」学問の退廃ここに極まれり

「汝平和を望まば、戦争を理解せよ」。イギリスの戦略思想家、リデル・ハートの名言は「学問の自由」をうたいながら、軍学分野を忌避してきた日本の学術界の矛盾をあぶり出す。論争が続く日本学術会議会員の任命拒否問題は、政府側も説明責任を果たさず、論点がズレ始めていないだろうか。改めて問題の本質を問う。

一覧

いま話題の執筆陣

金沢克彦

金沢克彦

1961年北海道生まれ。青山学院大学経営学部卒業後、1986年新大阪新聞社に入社、「週刊ファイト」記者となる。1989年、日本スポーツ出 版社「週刊ゴング」編集部に移籍、新日本プロレス担当記者として頭角を現わす。1999年「週刊ゴング」編集

原口泉

原口泉

志學館大教授、鹿児島大名誉教授。昭和22年、鹿児島市生まれ。東京大大学院博士課程単位取得退学後、鹿児島大法文学部人文学科教員。平成10年から23年まで教授を務め、23年4月に志學館大人間関係学部教授に就任。24年から鹿児島県立図書館長も務め

藤江直人

藤江直人

ノンフィクションライター。昭和39年、東京都生まれ。早大第一文学部卒。スポーツ新聞記者時代はサッカーを中心に、また米ニューヨーク駐在としてMLBを中心とするアメリカスポーツを幅広く取材。スポーツ雑誌編集などを経て07年に独立。主な著書に『「

賀来満夫

賀来満夫

東北医科薬科大医学部感染症学教室特任教授、東北大名誉教授。昭和28年、大分県出身。長崎大医学部卒、同大学院終了、医学博士取得。専門は感染症学、感染制御学、臨床微生物学。現在、厚生労働省厚生科学審議会委員(感染症部会)、同省院内感染対策中央会

門田隆将

門田隆将

ノンフィクション作家。昭和33年、高知県生まれ。中央大法学部卒。『週刊新潮』のデスク、副部長などを務めた後、フリーに。主な著書に『甲子園への遺言』(講談社文庫)、『死の淵を見た男』(角川文庫)など。近著に『敗れても 敗れても』(中央公論新社

伊藤元重

伊藤元重

学習院大国際社会科学部教授、東大名誉教授。昭和26年、静岡県出身。東大経済学部卒。米ロチェスター大経済学博士号取得。専門は国際経済学。東大大学院教授を経て現職。著書に『入門経済学』(日本評論社)、『ゼミナール国際経済入門』(日本経済新聞社)

青山佾

青山佾

明治大名誉教授、元東京都副知事、令和防災研究所理事長。昭和18年生まれ。東京都中野区出身。昭和42年、都庁入庁。平成11~15年に副知事として危機管理、防災、都市構造などを担当。16年から明大公共政策大学院教授に就任。令和元年、「令和防災研

池田心豪

池田心豪

労働政策研究・研修機構主任研究員。東京工業大学大学院社会理工学研究科単位取得退学。専攻は職業社会学。厚生労働省「仕事と育児の両立支援に係る総合的研究会」委員。男性育児に関する主な研究成果に『父親の働き方と家庭生活』(JILPT資料シリーズN