コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て
NEW

コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て

西村康稔経済再生担当相の逆ギレ会見が物議を醸したが、その1週間後の9日、東京都の感染者が224人と過去最多になった。検査数などを踏まえる必要があるとはいえ、これが現実だ。指摘されてきた感染防止と経済の「二兎」追いの危険性が露呈しつつある。行政の「ご都合主義」戦略が続けば、コロナ戦争は敗北が濃厚ではないか。

一覧

いま話題の執筆陣

小野展克

小野展克

名古屋外国語大教授、世界共生学科長。博士(経営管理)。昭和40年、北海道生まれ。慶応大文学部社会学専攻卒。共同通信社で記者として財務省、金融庁、経産省、大手銀行、航空業界などを担当、日銀キャップ、経済部次長を歴任。著書に『黒田日銀 最後の賭

大峰光博

大峰光博

名桜大人間健康学部准教授。昭和56年、京都市生まれ。早稲田大大学院スポーツ科学研究科博士課程修了。専門はスポーツ哲学。著書に『スポーツにおける逸脱とは何か』『野球における暴力の倫理学』(以上、晃洋書房)など。

上祐史浩

上祐史浩

「ひかりの輪」代表。昭和37年、福岡県出身。早稲田大大学院理工学研究科修士課程卒。昭和62年、宇宙開発事業団(現宇宙航空研究開発構)に入団。同年5月に退社後、オウム真理教に出家。平成7年10月、偽証罪で逮捕・起訴され、後に有罪判決を受け広島

水島新太郎

水島新太郎

同志社大嘱託講師。昭和56年、福岡県生まれ。同志社大大学院アメリカ研究科博士後期課程単位取得退学。博士(アメリカ研究)。主な研究分野はアメリカ文化研究、日米文化比較、ジェンダー、男性学。単著に『マンガでわかる男性学-ジェンダーレス時代を生き

成馬零一

成馬零一

ライター、ドラマ評論家。昭和51年生まれ。インディペンデントWEBマガジン「ich」代表責任者。雑誌、WEB媒体でドラマ評を執筆。主な著作に『キャラクタードラマの誕生 テレビドラマを更新する6人の脚本家』(河出書房新社)がある。

川上和久

川上和久

麗澤大教授。昭和32年、東京都生まれ。東大大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。東海大助教授、明治学院大教授、国際医療福祉大教授などを経て現職。専門は政治心理学、戦略コミュニケーション論。主な著書に『情報操作のトリック』(講談社)、『反日

磯山友幸

磯山友幸

ジャーナリスト。昭和37年、東京都生まれ。早稲田大政治経済学部卒。日本経済新聞社で証券部次長、フランクフルト支局長など24年間記者を務め平成23年に独立。主な著書に『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP社)、『2022年、「働き方」はこうな

藤井靖

藤井靖

明星大心理学部准教授、臨床心理士。昭和54年、秋田県生まれ。早稲田大大学院人間科学研究科博士後期課程修了。同大人間科学学術院助教などを経て現職。専門は臨床心理学、臨床ストレス科学、認知行動療法。スクールカウンセラーや、心療内科、精神科で心理