コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て
NEW

コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て

西村康稔経済再生担当相の逆ギレ会見が物議を醸したが、その1週間後の9日、東京都の感染者が224人と過去最多になった。検査数などを踏まえる必要があるとはいえ、これが現実だ。指摘されてきた感染防止と経済の「二兎」追いの危険性が露呈しつつある。行政の「ご都合主義」戦略が続けば、コロナ戦争は敗北が濃厚ではないか。

一覧

いま話題の執筆陣

奈良林直

奈良林直

東京工業大特任教授。昭和27年、東京都生まれ。東京工業大理工学研究科原子核工学修士課程修了。専門は原子炉工学。東芝に入社し原子力の安全性に関する研究にに従事。同社電力・産業システム技術開発センター主幹などを務め、平成19年に北海道大大学院教

小和田哲男

小和田哲男

静岡大名誉教授。昭和19年、静岡市生まれ。早大大学院文学研究科博士課程修了。専門は日本中世史。特に戦国時代史研究の第一人者として知られている。NHK大河ドラマでは「秀吉」、「功名が辻」、「天地人」、「江~姫たちの戦国~」、「軍師官兵衛」、「

小幡和輝

小幡和輝

起業家、コラムニスト。平成6年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代や社会人に影響を受け、高校3年で起業し、さまざまなプロジェクトを立ち上げた。著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲー

小林信也

小林信也

作家、スポーツライター。昭和31年、新潟県生まれ。慶応大法学部卒。高校までは野球部で投手、大学ではフリスビー選手。大学在学中から原稿執筆を始め、雑誌「ポパイ」「ナンバー」編集部を経て独立。現在、中学硬式野球チーム「東京武蔵野シニア」の監督も

木曽崇

木曽崇

国際カジノ研究所所長。昭和51年、広島県生まれ。ネバダ大ラスベガス校ホテル経営学部卒(カジノ経営学専攻)。米国大手カジノ事業者での会計監査職を経て、帰国。平成16年、エンタテインメントビジネス総合研究所へ入社。17年、早稲田大アミューズメン

原口泉

原口泉

志學館大教授、鹿児島大名誉教授。昭和22年、鹿児島市生まれ。東京大大学院博士課程単位取得退学後、鹿児島大法文学部人文学科教員。平成10年から23年まで教授を務め、23年4月に志學館大人間関係学部教授に就任。24年から鹿児島県立図書館長も務め

𠮷田嘉明

𠮷田嘉明

株式会社ディーエイチシー代表取締役会長兼CEO。昭和16年生まれ、佐賀県唐津市出身。同志社大学文学部英文科卒業。昭和47年にDHCを創業。現在に至る。

石井哲也

石井哲也

生命倫理学者。北海道大学安全衛生本部教授。昭和45年、群馬生まれ。北海道大博士(農学)取得。近訳に、iPS細胞を使う生殖の倫理を描いた『人がセックスをやめるとき 生殖の将来を考える』(東京化学同人)、近著に『ゲノム編集を問う―作物からヒトま