なぜ追加の定額給付金を提言したか
NEW

なぜ追加の定額給付金を提言したか

新型コロナウイルス禍を踏まえ、「経世済民政策研究会」の長島昭久元防衛副大臣らが、経済対策のため2020年度第3次補正予算の編成を求める提言を菅義偉首相に手渡した。追加の一律定額給付金も盛り込まれた今回の提言。同研究会顧問でもある筆者がその真意を分かりやすく解説する。

一覧

いま話題の執筆陣

堀川大樹

堀川大樹

クマムシ博士。北海道大学で博士号を取得後、NASA宇宙生物学研究所やパリ第5大学を経て、慶應大先端生命科学研究所特任講師。クマムシ研究の傍、クマムシキャラクター「クマムシさん」のプロデュースもしている。著書は「クマムシ博士の『最強生物』学講

木村幸比古

木村幸比古

霊山歴史館副館長。昭和23年、京都市生まれ。國學院大文学部卒(近世思想史)。幕末維新史に関する評論を多数執筆。NHK大河ドラマ「西郷どん」「龍馬伝」「花燃ゆ」などの展示委員や高知県観光特使を務める。先祖は奈良県吉野郡天川村の郷士で後(うしろ

太田房江

太田房江

参院議員。昭和26年、広島県生まれ。東京大学経済学部卒業後、通商産業省(現経済産業省)入省。平成9年、岡山県副知事就任。平成12年より全国初の女性知事として大阪府知事を2期8年務める。平成25年、参議院議員として初当選。平成27年、厚生労働

原口泉

原口泉

志學館大教授、鹿児島大名誉教授。昭和22年、鹿児島市生まれ。東京大大学院博士課程単位取得退学後、鹿児島大法文学部人文学科教員。平成10年から23年まで教授を務め、23年4月に志學館大人間関係学部教授に就任。24年から鹿児島県立図書館長も務め

土畑重人

土畑重人

京都大学大学院農学研究科助教。昭和57年、岡山県出まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。学術博士。琉球大学、スイス・ローザンヌ大学を経て2014年より現職。専門は進化生態学・行動生態学。「働かないアリ」の研究で日本動物行動学会賞受

森鷹久

森鷹久

フリー編集者、ライター。昭和59年、佐賀県唐津市生まれ。番組製作会社、出版社勤務を経てフリー編集者、ライターに。「若年層の保守」をテーマに、研究・執筆中。最終学歴は中卒の自他ともに認める「ネトウヨ」。著書に『ヘイトスピーチとネット右翼』(オ

岡田千尋

岡田千尋

NPO法人アニマルライツセンター代表理事。昭和53年、静岡県生まれ。平成13年、アニマルライツセンターで調査、広報、戦略などを担い、15年から現職。これまでに日本の毛皮消費量を半減、フォアグラ消費量を35%減少させた。畜産や毛皮、環境問題な

佐山一郎

佐山一郎

作家、立教大学社会学部兼任講師。昭和28年、東京都生まれ。成蹊大学文学部卒。著書に『雑誌的人間』(リトルモア)、『VAN から遠く離れて──評伝石津謙介』 (岩波書店)、『日本サッカー辛航紀 ー愛と憎しみの100年史ー』(光文社新書)など。