『日本国紀』論争、呉座氏に再び問う
NEW

『日本国紀』論争、呉座氏に再び問う

作家、百田尚樹氏のベストセラー『日本国紀』をめぐり、場外バトルが勃発した。同書の監修者である大阪観光大講師、久野潤氏が今年1月にiRONNAで掲載した寄稿に、室町ブームの火付け役として知られる歴史学者、呉座勇一氏が反論したのである。久野氏が再び問う呉座氏への公開状、その真意とは。

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

吉良佳子

吉良佳子

参議院議員。昭和57年、高知県生まれ。早稲田大第一文学部卒。平成25年の参院選に東京選挙区より出馬し、初当選を果たす。29年から日本共産党中央委員も務める。

松田智生

松田智生

三菱総合研究所 プラチナ社会研究センター主席研究員。昭和41年、東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。専門は超高齢社会の地域活性化、アクティブシニア論。シルバーよりも上質で錆びることのないプラチナのように輝き続ける社会とビジネスを提言

パンク町田

パンク町田

1968年生まれ。東京都出身。史上最強のアニマリスト。昆虫から鳥類、爬虫類、猛獣まで扱うことができる動物の専門家。千葉県旭市に動物研究施設「アルティメット・アニマル・シティー」を開設、代表を務める。著書に『買ってはいけないマル禁ペット』(ど

水野俊平

水野俊平

北海商科大学教授。韓国語学者。昭和43年生まれ。天理大学外国語学部朝鮮学科卒業。韓国・全南大学校大学院国語国文学科博士課程修了。同大学講師などを経て、北海商科大学教授。16 年間にわたる韓国在住時では、韓国各局のテレビ番組にレギュラー出演し

マッド・アマノ

マッド・アマノ

1939年、東京都生まれ。東京芸術大学美術学部卒業後、家電販売会社の宣伝部を経て、パロディストとして独立。その後、渡米。カナダ・バンクーバー市立美術館などで個展を開く。1971年、自動車公害を風刺した作品が「写真著作権」を侵害したとして提訴

竹嶋渉

竹嶋渉

元在韓ジャーナリスト。昭和40年代生まれ。平成になって渡韓し、日韓の歴史・文化を学ぶかたわら、日韓関係について研究を深める。韓国での日本関連報道の不正確さや韓国人の反日感情の不合理さに驚き、帰国後も韓国に対する取材を続ける。共著に『韓国・北

堤未果

堤未果

国際ジャーナリスト。東京都生まれ。ニューヨーク市立大大学院国際関係論学科修士号取得。国連、アムネスティ・インターナショナルNY支局員、米国野村証券を経て現職。『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』で日本ジャーナリスト会議黒田清新人賞、『ル

ラリー遠田

ラリー遠田

お笑い評論家、ライター。昭和54年、名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経て独立。主な著書に『バカだと思われないための文章術』(学研パブリッシング)など。近著に『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり』(イースト新書)。