「無条件」日朝会談に勝算はあるか
81
NEW

「無条件」日朝会談に勝算はあるか

「条件をつけずに金正恩と会う」。安倍晋三首相が日朝首脳会談実現への意欲を表明して以降、野党のみならず、与党からも説明を求める声が上がっている。来日するトランプ米大統領と拉致被害者家族との面会も予定される中、首相の「無条件」には勝算があるのか、それとも焦慮のあがきなのか。

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

若狭勝

若狭勝

前衆院議員、弁護士。昭和31年、東京都生まれ。中央大学法学部卒業。昭和58年、東京地検の検事に任官。東京地検特捜部検事、横浜地検刑事部長、東京地検特捜部副部長、東京地検公安部長などを歴任。平成21年に弁護士登録。26年の衆院選で初当選(比例

角井亮一

角井亮一

コンサルタント。昭和43年、大阪府出身。上智大学経済学部卒業。平成12年、イー・ロジット社設立。平成27年、「再配達ゼロ」を目指す生活アプリ「ウケトル」を開発し、話題を集めた。著書に『アマゾンと物流大戦争』(NHK出版新書)などがある。

加藤隆則

加藤隆則

中国・汕頭大長江新聞與伝播学院教授。昭和37年、東京都生まれ。早稲田大政治経済学部卒。読売新聞社入社後、東京本社社会部で司法、皇室などを担当。その後上海支局長、中国総局長などを経て、平成27年に退社。「独立記者」として特定の政治的立場、利益

奈良林直

奈良林直

東京工業大特任教授。昭和27年、東京都生まれ。東京工業大理工学研究科原子核工学修士課程修了。専門は原子炉工学。東芝に入社し原子力の安全性に関する研究にに従事。同社電力・産業システム技術開発センター主幹などを務め、平成19年に北海道大大学院教

長谷川幸洋

長谷川幸洋

ジャーナリスト、東京新聞・中日新聞論説委員。昭和28年、千葉県生まれ。慶応大経済学部卒。ジョンズホプキンス大学大学院(SAIS)卒。東京本社(東京新聞)経済部、ブリュッセル支局長などを経て論説委員。政府税制調査会委員、規制改革推進会議委員な

井上達夫

井上達夫

東京大学大学院法学政治学研究科教授。1954年大阪生まれ。東京大学法学部卒。東京大学助手、千葉大学助教授、東京大学助教授を経て、1995年より現職。主著に、『世界正義論』(筑摩書房)、『自由の秩序』(岩波書店)、『憲法の涙』(毎日新聞出版)

清谷信一

清谷信一

軍事ジャーナリスト。1962年生まれ。東海大学工学部卒。軍事関係の専門誌を中心に、総合誌や経済誌、新聞、テレビなどにも寄稿、出演、コメントを行う。08年まで英防衛専門誌ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー(Jane's Defence W

オチアイユキ

オチアイユキ

編集者・ライター。京都生まれ。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒。京都の医療系出版社勤務を経て、フリーランスに。『TVブロス』『TV Taro』『マンスリーよしもと』などの編集を経て、現在『よしもとニュースセンター