ハマってはならない中国「海警法」の罠
NEW

ハマってはならない中国「海警法」の罠

中国「海警法」の脅威を指摘する声が相次ぐには理由がある。それは、尖閣を巡って日本が対応を誤れば取り返しのつかないカラクリが隠されているからだ。もはや「中国公船」などと呼ぶのは甘すぎる。再三警告しているように、日本は現実を直視し、国際社会に向けた「世論戦」を仕掛けなければならない。

一覧

いま話題の執筆陣

中村逸郎

中村逸郎

筑波大人文社会系教授。昭和31年、島根県生まれ。学習院大大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学。モスクワ国立大、ロシア科学アカデミーに留学、島根県立大助教授、筑波大助教授を経て平成19年から現職。著書に『虚栄の帝国ロシア』、『シベリア最

中山成彬

中山成彬

前衆議院議員、宮崎県小林市生まれ。鹿児島ラサール高校、東京大学法学部卒業後、大蔵省入省。1978年6月大蔵省主計局主査、86年7月に衆議院議員、2004年9月文部科学大臣、05年9月文部科学大臣(再任)、08年9月国土交通大臣、14年8月次

最新の記事

筧誠一郎

筧誠一郎

eスポーツコミュニケーションズ合同会社代表。昭和35年、東京都生まれ。成城大卒業後、電通入社。主に音楽やゲームの作業に従事。平成22年に電通退社後、eスポーツイベントの主催やプロデュースに関わる。著書に『eスポーツ地方創生』(白夜書房)、『

黒古一夫

黒古一夫

文芸評論家、筑波大学名誉教授。1945年、群馬県生まれ。群馬大学教育学部卒業。法政大学大学院博士課程満期退学。 1979年、修士論文を書き直した『『北村透谷論―天空への渇望』(冬樹社)を刊行、批評家の仕事を始める。著書は『祝祭 と修羅―全共

木村太郎

木村太郎

フリージャーナリスト。1938年、米国生まれ。慶応大法学部卒。昭和39年にNHKに入局し、社会部記者やアメリカ総局特派員として勤務。58年から「ニュースセンター9時」のメーンキャスター。NHK退職後はフリージャーナリスト、キャスター、コメン

多田実

多田実

同志社大学政策学部教授。昭和35年、大阪市生まれ。大阪大学大学院工学研究科博士課程修了後、龍谷大学経営学部専任講師に。同大学助教授、教授を経て現職。16年より同志社大学政策学部教授を務める。主な著書に『文系学生のための理系的問題解決』『Ex

立石雅昭

立石雅昭

新潟大学名誉教授。昭和20年大阪生まれ。大阪市立大学卒業、京都大学大学院理学研究科修了。1979年に新潟大学着任、以来、主に新潟をフィールドとして地質調査に従事。2008年来、新潟県原発の安全管理に関する技術委員会委員。著書「地震列島日本の

井上文則

井上文則

早稲田大文学学術院教授。昭和48年、京都府生まれ。京都大大学院文学研究科博士後期課程修了。専攻は古代ローマ史。著書に『軍人皇帝時代の研究』(岩波書店)『軍人皇帝のローマ』(講談社)など。