「日本学術会議」学問の退廃ここに極まれり
NEW

「日本学術会議」学問の退廃ここに極まれり

「汝平和を望まば、戦争を理解せよ」。イギリスの戦略思想家、リデル・ハートの名言は「学問の自由」をうたいながら、軍学分野を忌避してきた日本の学術界の矛盾をあぶり出す。論争が続く日本学術会議会員の任命拒否問題は、政府側も説明責任を果たさず、論点がズレ始めていないだろうか。改めて問題の本質を問う。

一覧

いま話題の執筆陣

辻村千尋

辻村千尋

日本自然保護協会保護室室長。昭和42年、東京都生まれ。東京学芸大修士課程修了。専門は地理学、地生態学。環境法制度の改良や国立公園などの保護地域での自然保護問題、再生可能エネルギーによる自然破壊問題などを担当。分担執筆に、『図説日本の山』(朝

相澤冬樹

相澤冬樹

大阪日日新聞(新日本海新聞社)論説委員・記者。昭和37年、宮崎県生まれ。東大法学部卒。62年、NHKに記者職で入社し、東京社会部、大阪府警キャップ・ニュースデスクなどを経て現職。著書に『安倍官邸vs.NHK』(文藝春秋)。

小島伸之

小島伸之

上越教育大教授。昭和45年2月、横浜市生まれ。平成18年、東洋大大学院社会学研究科博士後期課程修了。専攻は憲法・日本近代法史・宗教社会学。「宗教と社会」学会会員。共編著として『近現代日本の宗教変動』(ハーベスト社)、共著に『昭和初期の神道と

水野俊平

水野俊平

北海商科大学教授。韓国語学者。昭和43年生まれ。天理大学外国語学部朝鮮学科卒業。韓国・全南大学校大学院国語国文学科博士課程修了。同大学講師などを経て、北海商科大学教授。16 年間にわたる韓国在住時では、韓国各局のテレビ番組にレギュラー出演し

木村草太

木村草太

首都大学東京教授、憲法学者。昭和55年、横浜市生まれ。東大法学部卒。同助手をなど経て現職。主な著書に『憲法の急所』(羽鳥書店)、『憲法の創造力』(NHK出版)、『テレビが伝えない憲法の話』(PHP研究所)など多数。近著に『自衛隊と憲法』(晶

榊原英資

榊原英資

1941年、神奈川県生まれ。都立日比谷高校を2年で修了、米国留学。東京大学経済学部卒。同大大学院(理論経済)中退、65年大蔵省(現財務省)入省。ミシガン大学に留学し経済学博士号取得。財政金融研究所所長、国際金融局長を経て97年に財務官就任。

神田敏晶

神田敏晶

ITジャーナリスト、ソーシャルメディアコンサルタント。昭和36年、神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「Kanda

リングダール裕子

リングダール裕子

ベルゲン大学常勤講師、日本語・ノルウェー語教師。昭和38年、横浜市生まれ。ノルウェー・ベルゲン大学日本文化専攻卒、オスロ大学院日本文化専攻修士。専門は日本の学校における人権教育。現職で日本語科で会話を担当する。ベルゲン近郊の学校で日本語や文