魔除けオタク信長にハマった「人魚」騒動

魔除けオタク信長にハマった「人魚」騒動

新型コロナのような疫病退散に効く人魚を思わせる妖怪「アマビエ」が話題となったが、戦国期に信長のお膝元の安土で同様の騒動が起きていた。当時の事象などを綴った書物に、人魚としか思えない挿絵や説明があり、魔除けオタクの信長が意識しないはずはない。これも信長の神格化に一役買ったのではないだろうか。

一覧

いま話題の執筆陣

櫻井よしこ

櫻井よしこ

ジャーナリスト。国家基本問題研究所理事長。昭和20年、ベトナム生まれ。ハワイ大卒。日本テレビ『NNNきょうの出来事』キャスターなどを経て現在に至る。平成19年に国家基本問題研究所を設立し、国防、外交、憲法、教育、経済など幅広いテーマで日本の

兵頭慎治

兵頭慎治

防衛省防衛研究所 地域研究部長。昭和43年、愛媛県生まれ。上智大大学院国際関係論専攻博士前期課程修了。防衛研究所第二研究部教官、外務省在ロシア日本大使館政務担当専門調査員などを経て現職。専門はロシア地域研究、国際関係論、国際安全保障論。近共

梅原淳

梅原淳

鉄道ジャーナリスト。昭和40年、東京生まれ。大学卒業後、三井銀行(現在の三井住友銀行)に入社。その後、雑誌編集の道に転じ、月刊「鉄道ファン」(交友社)編集部などを経て、平成12年からフリーランスとして活動を開始。主な著書に『なんでもわかる!

中村逸郎

中村逸郎

筑波大人文社会系教授。昭和31年、島根県生まれ。学習院大大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学。モスクワ国立大、ロシア科学アカデミーに留学、島根県立大助教授、筑波大助教授を経て平成19年から現職。著書に『虚栄の帝国ロシア』、『シベリア最

井上和彦

井上和彦

ジャーナリスト。昭和38年、滋賀県生まれ。法政大卒。軍事・安全保障・外交問題などをテーマに、テレビ番組のキャスターやコメンテーターを務める。産経新聞「正論」執筆メンバー。第17回「正論新風賞」を受賞。著書に『日本が戦ってくれて感謝しています

内藤正典

内藤正典

同志社大グローバル・スタディーズ研究科教授。昭和31年、東京都生まれ。東京大教養学部教養学科科学史・科学哲学分科卒。社会学博士。専門は中東地域研究。アンカラ大政治学部客員研究員、一橋大教授を経て現職。著書に『プロパガンダ戦争』(集英社新書)

塩田潮

塩田潮

ノンフィクション作家、評論家。昭和21年、高知県生まれ。45年、慶應義塾大学法学部卒業。社団法人日本能率協会(月刊「マネジメント」編集部所属)などに勤務した後、52年から月刊「文藝春秋」の記者となる。58年に処女作『霞が関が震えた日』で第5

𠮷田嘉明

𠮷田嘉明

株式会社ディーエイチシー代表取締役会長兼CEO。昭和16年生まれ、佐賀県唐津市出身。同志社大学文学部英文科卒業。昭和47年にDHCを創業。現在に至る。