「医療崩壊」闘う現場に感謝のマスクを
NEW

「医療崩壊」闘う現場に感謝のマスクを

全世帯に布製マスクを2枚配布する-。唐突に思える安倍首相の表明をめぐり、当惑の声が広がった。裏を返せば、マスク不足が一般市民だけでなく、最も必要とする医療機関でも逼迫していることがうかがえる。こうした医療崩壊の危機の中で奮闘する現場に対し、われわれにもできることがあるかもしれない。

一覧

いま話題の執筆陣

屋山太郎

屋山太郎

1932年、福岡県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。時事通信社に入社後、政治部記者、ローマ特派員、官邸クラブキャップ、ジュネーブ特派員、編集委員兼解説委員を歴任。81年より第二次臨時行政調査会(土光臨調)に参画し、国鉄の分割・民営化を推進した

有田芳生

有田芳生

参院議員、ジャーナリスト。昭和27年、京都生まれ。平成19年まで日本テレビ系『ザ・ワイド』にレギュラーコメンテーターとして出演。著書に『私の家は山の向こう テレサ・テン十年目の真実』(文藝春秋)、『「コメント力」を鍛える』(NHK生活者新書

舛添要一

舛添要一

前東京都知事。昭和23年、北九州市生まれ。東京大法学部卒。同大法学部助手、同大教養学部政治学助教授などを経て、国際政治学者として活躍。平成13年の参院選で初当選し厚生労働相などを務め、22年に新党改革を結成。26年の東京都知事選で初当選を果

瀬地山角

瀬地山角

東京大大学院総合文化研究科教授。昭和38年生まれ、奈良県出身。東大教養学部卒業、同大学院博士課程修了、学術博士。北海道大学文学部助手などを経て現職。専門はジェンダー論。著書に『お笑いジェンダー論』『ジェンダーとセクシュアリティで見る東アジア

安田雪

安田雪

関西大社会学部教授。昭和38年、東京都生まれ。国際基督教大教養学部卒。コロンビア大学大学院博士課程修了。東大ものづくり経営研究センターなどを経て現職。専門は人や組織のつながりかたを考察する「社会ネットワーク分析」。著書に『パーソナル・ネット

原口泉

原口泉

志學館大教授、鹿児島大名誉教授。昭和22年、鹿児島市生まれ。東京大大学院博士課程単位取得退学後、鹿児島大法文学部人文学科教員。平成10年から23年まで教授を務め、23年4月に志學館大人間関係学部教授に就任。24年から鹿児島県立図書館長も務め

上昌広

上昌広

医療ガバナンス研究所理事長、医学博士。昭和43年、兵庫県生まれ。平成11年、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。虎の門病院、国立がんセンターで造血器悪性腫瘍の臨床研究に従事。17年より東大医科学研究所先端医療社会コミュニケーションシス

森口朗

森口朗

中央教育文化研究所代表、教育評論家。昭和35年、大阪府生まれ。中央大法学部卒業。平成7年から平成17年まで都内公立学校に勤務。紙媒体で初めてスクールカースト概念を紹介し、いじめとの関係を解明。著作に『日教組』(新潮新書)、『いじめの構造』(