「医療崩壊」闘う現場に感謝のマスクを
NEW

「医療崩壊」闘う現場に感謝のマスクを

全世帯に布製マスクを2枚配布する-。唐突に思える安倍首相の表明をめぐり、当惑の声が広がった。裏を返せば、マスク不足が一般市民だけでなく、最も必要とする医療機関でも逼迫していることがうかがえる。こうした医療崩壊の危機の中で奮闘する現場に対し、われわれにもできることがあるかもしれない。

一覧

いま話題の執筆陣

紀藤正樹

紀藤正樹

昭和35年、山口県生まれ。53歳。大阪大大学院法学研究科博士前期課程修了。リンク総合法律事務所所長。全国安愚楽牧場被害対策弁護団団長を務めるなど、消費者問題を数多く手がける。

高山佳奈子

高山佳奈子

京都大学大学院法学研究科(法科大学院)教授。昭和43年生まれ。専門は刑法。経済産業省産業構造審議会臨時委員、文部科学省科学技術・学術審議会臨時委員、法務省犯罪白書研究会委員、日本学術会議連携会員、京都府青少年健全育成審議会委員、名古屋大学・

小山和伸

小山和伸

神奈川大学経済学部教授。一般社団法人メディア報道研究政策センター理事長。昭和30年、東京都生まれ。横浜国立大学経営学部卒、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。神奈川大学経済学部専任講師、助教授、東京大学経済学博士を経て現職。著書に『これ

澤昭裕

澤昭裕

昭和32年、大阪府生まれ。一橋大経済学部卒。通産省(現経産省)入省後、環境政策課長、資源エネルギー庁資源燃料部政策課長などを経て退官。東大先端科学技術研究センター教授などを歴任し、国際環境経済研究所長に就任。著書に『精神論ぬきの電力入門』(

武田文彦

武田文彦

リンカーンクラブ代表。昭和19年、北海道岩見沢市生まれ。42年、慶応大法学部卒。49年に中央官庁への情報サービス会社を設立。53年以降、リンカーンクラブを併設して民主政治の研究を重ねている。著書に『子どもたちを戦場に送らない勇気』(WAVE

山本一郎

山本一郎

個人投資家、作家。昭和48年、東京都生まれ。慶應大法学部卒。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作、社会調査に携わる。著書に『情報革命バブルの崩壊』(文藝春秋)、『リーダーの値打ち』(アスキー・メディアワーク

木宮正史

木宮正史

東京大学大学院総合文化研究科教授。昭和35年、静岡県生まれ。東大法学部卒、韓国高麗大大学院政治外交学科博士課程修了、東大法学政治学研究科博士課程単位取得退学。専門は政治学、国際関係論、朝鮮半島地域研究。東大グローバル地域研究機構韓国学研究セ

片山修

片山修

経済ジャーナリスト、経営評論家。名古屋市生まれ。平成13年から23年まで学習院女子大客員教授を務める。緻密な現場取材に支えられた企業経営論、組織論、人事論には定評がある。著書に『ソニーの法則』(小学館)『サムスンの戦略的マネジメント』『パナ