「医療崩壊」闘う現場に感謝のマスクを
NEW

「医療崩壊」闘う現場に感謝のマスクを

全世帯に布製マスクを2枚配布する-。唐突に思える安倍首相の表明をめぐり、当惑の声が広がった。裏を返せば、マスク不足が一般市民だけでなく、最も必要とする医療機関でも逼迫していることがうかがえる。こうした医療崩壊の危機の中で奮闘する現場に対し、われわれにもできることがあるかもしれない。

一覧

いま話題の執筆陣

金沢克彦

金沢克彦

1961年北海道生まれ。青山学院大学経営学部卒業後、1986年新大阪新聞社に入社、「週刊ファイト」記者となる。1989年、日本スポーツ出 版社「週刊ゴング」編集部に移籍、新日本プロレス担当記者として頭角を現わす。1999年「週刊ゴング」編集

佐藤慶一

佐藤慶一

専修大学ネットワーク情報学部教授。昭和53年生まれ。慶大大学院政策・メディア研究科博士課程修了。専門は都市防災、社会調査など。著書に『政策情報論』(共立出版)、『政策分析技法の展開』(慶應義塾大学出版会)。

松原 仁

松原 仁

1959年東京生まれ。1981年東大理学部情報科学科卒。86年同大学院工学系研究科情報工学専攻博士課程修了(工学博士)。同年通産省工技院電子技術総合研究所(現産業技術総合研究所)に入所。2000年から公立はこだて未来大学教授。人工知能、ゲー

吉川圭一

吉川圭一

政策コンサルティング事務所「グローバル・イッシューズ総合研究所」代表。2016年まで米国ワシントンDCにも拠点を持ち、 東日本大震災を契機に一般社団法人日本安全保障・危機管理学会(JSSC)ワシントン事務所長として、日本に米国と同様の危機管

吉崎達彦

吉崎達彦

双日総合研究所副所長・同チーフエコノミスト。昭和35年生まれ。富山県出身。一橋大学社会学部卒業、日商岩井(現・双日)入社。同社広報室、ブルッキングス研究所客員研究員、経済同友会調査役、日商岩井総合研究所調査グループ主任エコノミストなどを経て

岡本拓司

岡本拓司

東京大大学院総合文化研究科准教授。昭和42年生まれ。東大大学院理学系研究科科学史・科学基礎論専攻単位取得退学。平成17年より現職。専門は科学史、技術史、高等教育史。著書に『科学と社会』(サイエンス社)など。

木下誠也

木下誠也

日本大危機管理学部教授。昭和28年、大阪府生まれ。東大大学院工学系研究科土木工学専門課程修士課程修了。建設省(現国土交通省)入省後、関東運輸局次長、内閣府沖縄総合事務局次長、近畿地方整備局長などを歴任。退官後は愛媛大防災情報研究センター教授

奈須祐治

奈須祐治

西南学院大学法学部教授。昭和49年生まれ、大阪府出身。関西大学法学部卒、同大学院修士・博士課程修了。名古屋短期大学現代教養学科専任講師、佐賀大学経済学部准教授等を経て現職。著書に『ヘイト・スピーチ法の比較研究』(信山社)など。