ロシアW杯開幕を間近に控えるいま、西野朗監督(63)率いるサッカー日本代表は、まだ混乱の最中にある。電撃的なハリルホジッチ前監督の解任劇に続き、メンバー選考への疑問の声も絶えない。そして、この“急造代表”に今、もう一つ懸念材料が浮上している。

 代表チームに帯同する“紅一点”──そう呼ばれる女性がいる。2016年5月から代表合宿などで選手たちのケアにあたり、国際試合ではベンチにも座る美女医。それが土肥美智子氏(52)だ。

 「土肥さんは国立スポーツ科学センターに所属するスポーツドクターです。まだ女医が少なかった1980年代半ばに千葉大医学部に入った才媛で、卒業後は画像診断医として慈恵医大病院などでキャリアを積みながら、スポーツ医学の道へと進んだ」(サッカー協会関係者)

 土肥氏は2008年北京五輪、2012年ロンドン五輪、2016年リオ五輪ではメディカルスタッフとして日本選手団に帯同した経験を持ち、日本サッカー協会の医学委員会のメンバーでもある。

 「ハリルホジッチ監督のもとでW杯アジア最終予選を目前に控えていた2016年5月に“経験豊富なスポーツ医”という触れ込みで帯同ドクターとなりました。ただ、驚いたのはこの美女医が、その2か月前にサッカー協会会長に就任したばかりの田嶋幸三氏(60)の奥さんだったことです」(サッカー担当記者)
出発セレモニーであいさつするサッカー日本代表の西野朗監督。右は長谷部誠選手=2018年6月2日、成田空港
出発セレモニーであいさつするサッカー日本代表の西野朗監督。右は長谷部誠選手=2018年6月2日、成田空港
 「2人が知り合い、結婚に至ったのは十数年前だといい、当時、日本代表のチームドクターを務めていた慈恵医大の整形外科医の紹介だったそうです。現在もサッカー協会の顧問を務めるこのドクターが2人の結婚にあたっては仲人を務めた」(同前)

 ただ、いくらスポーツ医としての実績があるとはいえ、代表チームにはもともと、整形外科医のチームドクターとコンディショニングコーチが帯同している。そこに、わざわざ協会会長夫人である土肥氏が、内科医としてスタッフに加わる理由として、当初は「ハリルホジッチ監督がラブコールを送った」という話が強調されていた。

 「土肥さんはフランスに留学経験があって語学も堪能であるため、ハリル前監督が求めていた“通訳を介さずに意思疎通できるメディカルスタッフ”の条件に合致したという話で、各紙そう報じた。土肥氏は明るくて周囲に気さくに話しかけるタイプなので、チームにうまく溶け込んでいたようです」(スポーツ紙デスク)