1996年のアトランタ五輪では、ブラジルに勝利した「マイアミの奇跡」と呼ばれた大金星の後に、チームは内紛で沈んだ。その苦い経験をもつ西野朗・サッカー日本代表監督は、6月28日、ロシア・ボルゴグラードで迎えるW杯予選第3戦、ポーランドとの大一番でどんな決断を下すのか。チームは一つになって向き合えるのか。思い起こされるのは22年前に西野監督が経験した蹉跌だ。

 1996年アトランタ五輪での“西野ジャパン”の状況は今回と奇妙なほど符合する。

 同五輪の予選リーグは1戦目がブラジル、2戦目がナイジェリア、3戦目がハンガリー。「南米→アフリカ→東欧」という対戦順は今回と全く同じで、初戦で“奇跡的勝利”を収めたところも一致する。

 アトランタでは初戦の大金星のあと、2戦目を落とし、3戦目は勝利。2勝1敗ながら、得失点差で決勝トーナメント進出を逃した。

 この時に、「内紛」があったことはよく知られている。2戦目のナイジェリア戦のハーフタイム、中田英寿らと西野監督が衝突。険悪なムードのまま後半戦に入り、0-2で敗れた。

 そして西野監督は3戦目のメンバーから中田を外した。「マイアミの奇跡」で背番号10をつけ、勝利に貢献した遠藤彰弘氏は、当時をこう振り返る。
1996年7月、アトランタ五輪男子サッカーブラジルから大金星を挙げた日本代表の(右から)城彰二、(一人おいて)伊東輝悦、前園真聖、西野朗監督、松田直樹=マイアミ
1996年7月、アトランタ五輪男子サッカーブラジルから大金星を挙げた日本代表の(右から)城彰二、(一人おいて)伊東輝悦、前園真聖、西野朗監督、松田直樹=マイアミ
「世間がいうような内紛ではなく、単なる意見の食い違い……だったと思っています。ブラジル戦に勝った勢いがあって、ナイジェリア戦でもヒデさんやゾノさん(前園真聖)、城(彰二)は世界に自分をアピールしたいという気持ちがあったのでしょう。ヒデさんが“勝てる、攻撃に出よう”と主張して、ゾノさんや城が加勢した。そうした意見を聞いた上で、西野監督はチームのことを考え、勝つための決断を下した。

 結局3戦目にヒデさんを外して予選敗退しましたが、西野監督は自分の決断に迷いがない人だから、後悔はないんじゃないか。今回も、大会直前までスタメンが有力視されていたベテランの槙野(智章)を外しましたが、迷いなく決めて結果につなげているのだと思います」

 ただ、果敢な決断の末に、22年前は予選リーグ敗退に終わった。その経験によってポーランド戦を前に、判断に迷いが生まれはしないか──日本代表は史上初となるベスト8以上を目指すために、重大局面を迎えている。

関連記事