だが、2-0の状況でボールを保持するためには、逆転を狙う対戦相手の強烈なプレッシングをかわす必要がある。より高い技術が求められるが、これができれば、相手の体力や気力をかなりそぐことができたはずだ。

 ベルギーのロベルト・マルティネス監督は、試合前に「日本のポゼッションには対策をしなければいけない」と語っていた。実際、その起点となるFW大迫勇也は、かなり潰された。押し込まれた場面で、大迫に向けてロングボールを蹴っても、潰されてなかなか収まらない。2次攻撃、3次攻撃を食らって押し込まれてしまう。

 大迫は相手に身体を預けながら、ボールを収めるポストプレーがうまいが、ベルギーDFは落下地点を先に抑えてしまい、大迫がいくら押してもビクともしなかった。ベルギーは後半途中まで3バックだったので、空中戦でボールを後ろにそらしても、カバーが入りやすい。

 そのため、一人一人が大迫の前に思い切って出て、競り合いやすい、という事情もあっただろう。前線に起点を作れない日本は、押し込まれる時間が長くなってしまった。

 その分、中盤を日本がもっと支配する。それができた時間帯もあったが、その回数をもっと増やす。すると、パワープレーの失点は1点で済んだかもしれない。

ベルギー戦後、MF乾貴士らを労う
西野朗監督=ロストフナドヌー(中井誠撮影)
 足りないのは、「高さ」だけではなかった。それを補うべき、何もかもが、少しずつ足りない。今回の日本代表は、現場でできる限りのことを全てやったが、それでも勝てなかった。

 今後の課題は、いかにこのレベルの戦いを日常化し、自分を鍛えられるか。

 そして、もう一つ。迷走した日本サッカー協会が、今度こそ明確な計画を立て、チームを強化できるか。インスタント・チームになって弊害を生んだ過程を振り返り、もう一度、個人を競争させながら日本代表を底上げしなければならないのである。