6月18日に発生した大阪北部地震に関するテレビ報道で目立ったのは、視聴者から提供された動画や画像だった。

 陥没した道路から洪水のように噴き出す水、屋根瓦が崩れた建物……それらのほとんどが元々は個人のツイッターやフェイスブックなどのSNSに投稿されたものだ。

 NHKは『スクープボックス』、テレビ朝日は『みんながカメラマン』といった、視聴者がスマホからテレビ局に映像を投稿できる仕組みもあるが、

「“スクープ投稿”は待っていてもなかなかやってこないので、記者やADがネット上でひたすら画像や動画を検索しまくっている。使えそうな素材があれば、投稿者にコンタクトをとり、使わせてもらっている」(キー局社員)

 という。かつては「いの一番に現地入り」を競っていたテレビ局の“災害取材のイロハ”は様変わりしているようだ。

 そんなテレビ局の“記者”として大災害の惨状にスマホを向ける人たち──その行動が、被災住民の感情を逆撫でする事態も起きている。

「破裂した水道管に大勢の若者が群がって、ひたすらスマホを向けていた。なかにはわざわざバイクで駆けつけ、跨がったまま写真をとる人もいた。側には敷地内に水が流れ込まないように懸命に水を道路に掻き出している人がいるというのに、“そんなことしてる場合か!”と思いました」(大阪府茨木市の住民)
(iStock)
(iStock)
 そんな視線を浴びても“素人カメラマン”は撮影を止めない。地震直後に撮影した動画をフェイスブックにアップした40代男性がいう。

「会社に向かっている途中、乗っていた電車が地震で急停車しました。それから20分ほどして、『希望者は電車を降りて線路の上を歩き、ひとつ前の駅に戻ってください』とのアナウンスがあった。線路に降りて歩くなんて初体験なので、スマホで動画を撮ってアップしたんです。ワクワクしたなぁ。アップした後、友人からの反響も凄くて、気持ち良かった」

 衝撃的な動画や画像には、日本だけでなく、海外のメディアからもオファーがあるという。現場に駆けつけた記者がそうした動画や画像を自分のスマホに送ってくれるよう頼むこともあるようだ。

「基本的に謝礼を払うことはありませんが、記者個人の判断でギフトカードなどを渡すケースもあるようです」(前出・キー局社員)

 今回の地震では、ツイッターなどの情報をもとに現地にメディアが殺到することもあった。

「テレビ局の記者がワゴンに乗って現われたと思ったら、スマホの動画を見せてきて『この場所に案内してほしい』っていうんです。こっちはガスが止まって飯もろくに食えないのに……」(雑貨店店主)

 被災者が被災者を撮影し、マスコミがそれに群がる。奇妙な光景がそこには広がっていた。

関連記事