2018年07月12日 14:11 公開

ドナルド・トランプ米大統領は11日、北大西洋条約機構(NATO)加盟国に対し防衛費支出を、目標の倍に当たる対国内総生産(GDP)比4%に引き上げるよう求めた。

ホワイトハウスは、トランプ大統領がこの日ブリュッセルで開幕したNATO首脳会議でこの発言をしたことを認めている。

トランプ大統領はまた、防衛費に関してドイツを名指しで攻撃した。

NATOのイエンス・ストルテンベルグ事務総長は、全ての加盟国が防衛費にGDP比2%を支出することに注力するべきだと話した。

ストルテンベルグ事務総長はトランプ氏の発言に直接関係する質問には答えなかったものの、「まずは2%を達成するべきで、今はそこに集中するべきだと思う(中略)幸い目標に向かっている」と記者団に述べた。

NATO加盟国は冷戦終結後、防衛費を削減し続けたものの、今は緊張が高まっているため増額する必要があると、事務総長は付け足した。

<おすすめ記事>

冷戦終結から長年を経て、歴代の米国大統領は欧州各国に、自国の防衛負担を応分に拡大し、欧州駐留米軍の維持に使われている米国民の税負担を軽減するべきだと訴えてきた。しかし、トランプ氏ほど単刀直入に変化を求めた米大統領はいない。

ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官はトランプ氏の発言を認めた上で、「トランプ大統領は同盟国に今より多くの責務を負ってもらいたい、せめてすでに約束している内容は最低限守ってもらいたいと考えている」と述べた。

トランプ大統領は16日にヘルシンキでロシアのウラジーミル・プーチン大統領と首脳会談に臨む予定。米国の同盟国の間では、トランプ氏とプーチン氏の距離の近さが再び懸念として持ち上がっている。

防衛費をめぐる争い

トランプ氏がNATO加盟国に特に不満を抱いているのは、2024年までに全加盟国がNATOへの防衛費支出を対GDP比2%に引き上げると公約したにもかかわらず、順守したのは数カ国に過ぎない点だ。

加盟29カ国のうち、今年この目標を達成したのは米国と英国、ギリシャ、エストニア、ラトビアの5カ国だけだった。しかし、ポーランドやフランスなども目標に近づきつつある。

トランプ大統領はツイッターで、「米国が守ると期待されている多くのNATO加盟国は、約束の2%(これは低い)を達成していないどころか、何年も支払いが滞っている。米国に返済してくれるのか?」と批判した。

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1016729137409486853

首脳会議後の記者会見でストルテンベルグ事務総長は、NATOは分裂しているというよりは一致していると話した。

「我々は議論をした。賛成できないこともあったが、この同盟を前進させ強化する決定を、いくつもしたことが、何より大事だ」

「NATOの歴史上、意見の食い違いはたびたびあったが、毎回毎回、克服してきた。なぜなら結局のところ、北米と欧州はまとまっていた方が安全だと、全員が一致しているからだ」

この日、全加盟国が防衛費支出を引き上げることを再確認し、コミュニケ(共同声明)発表している。

コミュニケではまた、クリミア併合や英イングランド南部での神経剤使用、「選挙介入」を含む、「ロシアの攻撃姿勢」を批判した。

首脳会議を取材しているBBCのジェイムズ・クック北米特派員は、トランプ氏がこうした懸念を直接プーチン大統領に投げかけるのかが問われていると話す。

自由主義世界を支える多国間組織について、トランプ氏はそれほど重視していないのではないかと、一部の欧州外交関係者は懸念している。それだけに、トランプ氏はNATO諸国の懸念をプーチン氏に直接ぶつけたりはしないのではないかと、危惧されているという。


トランプ大統領のドイツ批判とは?

トランプ氏は首脳会議に先立ち、アンゲラ・メルケル独首相と衝突した。

トランプ大統領は、ドイツがGDPに対して「1%ちょっと」しか防衛費を支出していないと批判した。米国は「実際の値で」4.2%を投じているとしている。

NATOの最新統計によると、ドイツの防衛支出はGDP比1.24%、米国は3.5%。

トランプ氏はまた、「ドイツは完全にロシアに制御されている。なぜならエネルギーの60~70%と新しいパイプラインまで、ロシアからもらうことになるからだ。特に問題ないことだと思うならそう言ってほしい。私はそうは思わないし、NATOにはとても悪いことだと思う」と話した。

欧州統計局ユーロスタットの発表では、ロシアはドイツのガス輸入の50~75%を担っているものの、ドイツの電源構成におけるガスの割合は20%未満に留まっている。

NATO首脳会議にあわせて行われたメルケル氏との首脳会談では、トランプ氏はより協調的な発言をし、防衛費の支出と貿易について話し合ったと語った。

「我々は首相ととても、とてもいい関係にある。ドイツと素晴らしい関係にある」

しかしその後、ツイッターではドイツを含む同盟国への非難を繰り返し、「ドイツがロシアのガスとエネルギーに何十億ドルも払っているようでは、NATOは何の役に立っているのか。どうして29カ国中5カ国しか約束を守っていないのか? 米国は欧州の防衛のために金を払って、貿易で何十億ドルも失っている。2025年まででなく、今すぐにGDPの2%を払うんだ」と書いた(ふと文字箇所は原文では大文字で強調)。

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1017093020783710209

これに対してメルケル首相は、自分が子供時代を過ごした旧ソ連の衛星国・東ドイツと、今のドイツの独立性を比較して反論した。

「私はドイツ共和国として我々が自由の中で一致していることをとても嬉しく思う。それでこそ、独立した政策と独立した決定を行うことができると言えるのだから」


トランプ氏はNATOに貢献している?――ジョナサン・マーカスBBC防衛・外交編集委員

これでトランプ大統領のNATOでの任務は完了したのか? 欧州の同盟国に対して防衛費の支出を引き上げさせることに成功したのか?

トランプ氏はこの首脳会議の初めに同盟国を「怠け者」と呼び、最後は笑顔だった。首脳会議のコミュニケでは防衛費について、いつもの「苦境を脱する」という言葉があったが、同時に「さらなる行動の必要性」を認めていた。

どれくらいの行動がどれくらいすぐに必要なのかは、なお問題だ。トランプ氏は対GDP比2%という防衛支出目標を2倍の4%にすべきだと示唆している。米国を除く全てのNATO加盟国には達成が困難な水準だ。

しかしこれらの根底にある実際の問題は、トランプ大統領のNATOへの献身度合いだ。トランプ氏はNATOをただの取引相手としか見ていないのか、それとも第2次世界大戦以降、欧米の安全保障の中心的要素だった大西洋パートナーシップを掲げる組織だと認めているのだろうか?


(英語記事 Trump wants Nato to double funding target