2018年07月17日 17:01 公開

オリンピック(五輪)の陸上競技で金メダル8回を獲得したウサイン・ボルト氏(31、ジャマイカ)が、オーストラリアのサッカークラブへの加入に向けて交渉を行っている。ボルト氏のエージェントが発表した。

ボルト氏は現在、6週間のトライアルに向けてオーストラリアAリーグのセントラル・コースト・マリナーズと交渉中。マリナーズの広報は「全てが順調に行けば」ボルトは1シーズンの契約を獲得するという。

ボルト氏のエージェントのトニー・ラリス氏は、トライアルは「大枠で」合意に至ったと話した。

ボルト氏はこれまでに、ドイツやノルウェー、南アフリカのサッカークラブでトレーニングを受けてきた。

100メートルと200メートルで世界記録を持つボルト氏は昨年、陸上競技を引退した。それ以前から、同氏はプロのサッカー選手になることへの興味を公言している。

特に英マンチェスター・ユナイテッドのファンで、同クラブのマイク・フェラン元助監督は現在、マリナーズに所属している。

マリナーズのショーン・ミーレカンプ社長は、同クラブは4カ月に渡ってボルトにアプローチしており、交渉の進捗(しんちょく)は「とても順調だ」と話した。

ラリス氏は、交渉はボルト氏への報酬をめぐって続いていると話した。現地メディアのニューズ・コープ・オーストラリアは、「数百万ドル」相当の報酬がオファーされていると報じた。

ラリス氏は地元のスカイ・スポーツ・ラジオに「マリナーズのオーナーはポケットの奥まで手を入れて、報酬の70%を保証した」と話した。

一方、オーストラリアのサッカー協会の広報はBBCに対し、ボルト氏のトライアルに対する報酬を援助することはないと話した。

マリナーズのミーレカンプ氏は、同クラブはトライアルが延長されることに前向きだとしている。

「全てがうまく行くかは誰も分からない。ボルト氏はもしかしたら今シーズンのAリーグを盛り上げるかもしれない」と、ミーレカンプ氏は現地のセブン・ネットワークで語った。

また、ボルト氏がトレーニングに参加したドイツのボルシア・ドルトムントやノルウェーのストレームスゴトセトといったクラブから、彼のパフォーマンスについて前向きな報告を受けていると話した。

「最も大事なことは、まずボルト氏がサッカー選手としてどれだけ優秀かを見極めることだ。彼がどのレベルか、Aリーグに見合うかどうか、時間が教えてくれるだろう」

(英語記事 Usain Bolt may play football in Australia