老幹部の妨害も激しかったのだろう。首脳会談直前に軍首脳3人を入れ替えた事実が、闘争の激しさを物語っている。金委員長は、北朝鮮軍部の「抵抗」を抑えて、シンガポールまで来た国内事情をトランプ大統領に「理解してほしい」と訴えたのだった。

 そこで、トランプ大統領は中央情報局(CIA)が入手した情報から、クーデターや暗殺の危機に直面する金委員長に「米国がいつでも一家を受け入れる」と伝え、万一の「亡命」にOKサインを出した。だから「完全な非核化実現を心配なく実現してほしい」と訴えたのだろう。

 トランプ大統領も公言通りに8月の米韓合同軍事演習の中止で韓国側と合意し、金委員長への配慮を示した。ところが、「可能な限り早い日程」で行なわれるはずだったポンペオ米国務長官と北朝鮮高官との交渉は、7月に入ってポンペオ氏が平壌を訪問し、ようやく進展したかにみえた。しかし、ポンペオ氏が進展を強調する一方で、北朝鮮外務省は会談に関する詳細な声明を出して、進展について否定した。

 そもそも、ポンペオ氏もCVIDをめぐる交渉について「期限は設けない」との立場を明らかにし、トランプ大統領も同様の発言を行い、交渉の長期化を念頭に入れている。一方で、中国の習近平国家主席も金委員長の3度目の訪中を受け入れ、首脳会談を行うなど米朝中の駆け引きが続いている。

 北朝鮮高官によると、金委員長は今年9月の国連総会で演説し、ホワイトハウスでの米朝首脳会談を行う計画だという。だが、中国首脳は米朝首脳の頻繁な交流に不満を示している。

 中国は、首脳会談直後から新たな危険に気がついたからである。米朝首脳が電話会談を頻繁に行い、金委員長がワシントンを訪れるようなことになれば、中国の影響力は低下してしまう。しかも、トランプ大統領は米朝会談を説明する特使を中国に派遣せず、習近平主席と電話首脳会談も行わず、習主席の顔を潰した。金委員長も米朝会談直後の訪中を行わなかった。

 米朝の指導者にメンツを潰された習主席は会談1週間後の6月19日、ついに金委員長を北京に呼びつけた。結局、今年3度目の中朝首脳会談以降、米朝の高官交渉は行われず、ポンペオ長官も「北朝鮮との交渉に期限を設けない」と発言した。米国は、中国が進展を妨害していると受け止めている。朝鮮半島での早期の冷戦構造崩壊を、中国は望んでいないようだ。
北京の人民大会堂で歓迎式典に臨む中国の習近平国家主席(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=2018年6月19日(新華社=共同)
北京の人民大会堂で歓迎式典に臨む中国の習近平国家主席(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=2018年6月19日(新華社=共同)
 金委員長が米朝会談で「北朝鮮の非核化」を受け入れたのも、中国にとっては気に入らない。当然、グアムからの核兵器撤去を意味する「朝鮮半島の非核化」を放棄したのも納得できない。

 習主席は、中国抜きでの「朝鮮戦争終結宣言はさせない」と金委員長に伝え、クギを刺した。中国は、米中貿易戦争に勝つために、北朝鮮を「外交カード」として手にしておく必要があるからだ。米朝は中国に、北の核問題の早期解決に思い切りブレーキを踏まれてしまったのである。