2018年07月23日 11:39 公開

イスラエルは22日、「ホワイトヘルメッツ」の名で知られるシリア民間防衛隊をシリア南西部の戦闘地域から避難させたと発表した。

ホワイトヘルメッツのボランティアと家族合わせて422人が、イスラエルが支配するゴラン高原を経由してヨルダンへと逃れた。

今回の救出をめぐっては、英国を含む数カ国がイスラエルの救援を求めていた。英国はイスラエルの作戦を称賛し、移住を援助するとしている。

ホワイトヘルメッツは自分たちのことを、シリアの戦闘地域に住む住民を助けるボランティア団体と呼んでいる。

これに対してバッシャール・アル・アサド・シリア大統領の支持者や親シリア政府のロシアなどは、ホワイトヘルメッツは反政府主義者を支援するほか、イスラム過激派グループとも結託していると批判する。

なぜ今、救出作戦を?

イスラエル軍は、英国と米国、欧州諸国からホワイトヘルメッツの救出を要請されたと説明した。

ホワイトヘルメッツは、6月に始まったシリア軍の攻撃により、ゴラン高原との国境に近いシリア南西部の戦闘地域に取り残されていた。

シリア軍のこの攻撃をめぐっては、ゴラン高原の北側に近いダラアやクネイトラといった地域で両陣営に合意が結ばれ、反政府勢力が避難している。

クネイトラでの合意は19日に結ばれたばかり。

ホワイトヘルメッツは反政府勢力の支配する地域でのみ活動しているが、自分たちは反政府ではないと主張している。

救出作戦の様子は?

避難者たちはゴラン高原の国境まで車で運ばれた後、イスラエル軍によってヨルダンまで移送された。

当初の計画ではホワイトヘルメッツのメンバーと家族合わせて800人を救出する予定だったが、422人しか脱出できなかった。

BBCのマーク・ロウエン記者は、脱出できなかった人々はイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の戦闘員によってシリア南西部の一部地域に取り囲まれてしまったと説明した。今回の救出作戦は一度切りのため、残された人々の安否が懸念されている。


避難できた422人のうち、ホワイトヘルメッツのメンバーは100人ほどで、残りは家族だという。

イスラエルとヨルダンの対応は?

イスラエル軍は、「シリアの民間団体メンバーとその家族の人道的救出作戦を完了した」と発表。メンバーらに「喫緊の命の危険があった」としている。

軍の報道官はツイッターで、「喫緊の命の危険があったため、シリア南部の戦闘地域から市民が救出された。イスラエルによるシリア難民の移送は特例の人道的措置」と説明している。

https://twitter.com/IDFSpokesperson/status/1020874133129842689


イスラエルはシリア内戦に直接関わっていないものの、イスラエルとシリアは数十年にわたり戦争状態にある。

今回の干渉にもかかわらず、イスラエル軍は「イスラエルは引き続きシリア内戦への不干渉の方針を維持する」としている。

一方ヨルダン政府は、「国連がヨルダンを通じ800人のシリア国民を西側諸国へ定住させる計画を承認した」ことを認めている。

<おすすめ記事>

今後の展開は?

ホワイトヘルメッツのボランティアとその家族は移住が決まるまでヨルダンの「制限地域」にとどめられ、国連の調査を受ける。

ヨルダン政府によると、「『シリア国民に命の危険性』があるため、英国とドイツ、カナダが一定期間内に移住を行う法的合意を交わした」という。

英国政府は移住を支援することを認めたうえで、「できる限り多くの(ホワイトヘルメッツの)メンバーとその家族」に保護を提供するとしている。

ジェレミー・ハント外相とペニー・モーダント国際開発相は声明で、「ホワイトヘルメッツは攻撃の標的にされている。知名度の高さゆえに、この特別な状況においてはボランティアを直ちに保護する必要があると判断した」と話した。

「ホワイトヘルメッツのボランティアは、内戦に関わる全陣営のシリア国民を救ってきた。その勇敢で非利己的な行為に称賛を送る」

ハント外相はツイッターでも、「素晴らしいニュース、英国と友好国がホワイトヘルメッツとその家族の避難に成功した。我々の要請に即座に応えてくれたイスラエルとヨルダンに感謝する。ホワイトヘルメッツは最も勇敢な人々で、(今回の作戦は)この悲惨な状況で一筋の希望の光だ」と作戦の成功を祝った。

https://twitter.com/Jeremy_Hunt/status/1020945811516067840

ホワイトヘルメッツとは?

ホワイトヘルメッツの正式名称はシリア民間防衛隊。2013年初めに電気技師や建築業者などあらゆる職業の人々が集まるボランティア団体として始まった。

開始から間もなく、戦闘地域の市民を空襲直後に救出することが主な活動内容となった。これまでに10万人の命を救ったとしている。

メンバーは約3000人で、基本的な修復作業なども行っている。また、これまでにメンバー約200人が犠牲となった。

ホワイトヘルメッツの活動は国際的な称賛を浴び、2016年にはノーベル平和賞候補となったほか、BBCのドキュメンタリー番組「パノラマ」や米ネットフリックス制作のドキュメンタリーでも取り上げられた。

しかし、シリア政府やロシアは、ホワイトヘルメッツがイスラム過激派グループとも結託していると批判している。

シリアのアサド大統領は、ホワイトヘルメッツが「人道のマスクと傘を使って特定の課題を実行しているだけ」だと話している。

ホワイトヘルメッツは民間からの募金のほか、外国政府からの資金援助を受けている。

(英語記事 Syrian White Helmets evacuated by Israel