2018年07月25日 12:47 公開

イスラエル国防軍は24日、領空侵犯のシリア軍機を撃墜したと発表した。敵対する両国だが、戦闘機撃墜は異例の事態。

イスラエル軍は、シリア軍のスホイ戦闘機がイスラエル領空に約2キロ侵入した時点で、地対空パトリオットミサイルを2発発射したと明らかにした。

イスラエル側の情報によると、イスラエルが占領するゴラン高原上空で発生。パイロットの安否は不明という。軍報道官は、戦闘機が「おそらくシリア側のゴラン高原南部」に墜落したと述べた。ゴラン高原の約3割は、名目上はシリア領内。

イスラエル軍は、撃墜後の声明で、「シリア国内で戦闘が激化」し、周辺地域でシリア空軍の活動が活発化していることから、「厳戒態勢」を強いていると発表した。

シリア国営のシリア・アラブ通信(サナ通信)は、シリア領空内にいた戦闘機をイスラエルが標的にしたと伝えた。被弾したかは言及しなかった。

サナ通信は、軍の消息筋の話として、スホイ機はヤルムーク渓谷近くの「武装テロ集団」に対する空爆を行っていたのだと伝えた。

シリア政府は通常、反政府勢力を「テロリスト」と呼ぶ。

<おすすめ記事>

イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相は後に、シリアが1974年停戦協定に「公然と違反した」と非難した。同協定は、ゴラン高原におけるシリアとイスラエルの境界を定めたもの。

ネタニヤフ首相は、「我々は領土への一切の侵入を容認しない(中略)地上からでも空からでも」とシリアを批判し、さらに「当方の軍は適切に行動した」と述べた。

イスラエル紙ハアレツはオンライン版で、イスラエル北部の住民が、迎撃ミサイルの発射を目撃し爆発音を聞いたと伝えた。

AFP通信も、シリアと、ゴラン高原のイスラエル占領地区の間のフェンス付近から炎と煙が立ち上るのが見えたと伝えている。


イスラエルは、支配下にあるゴラン高原とその上空はイスラエルの主権が及ぶ領域だと主張しているが、国際的には承認されていない。イスラエルは1967年の第3次中東戦争でこの地域を制圧した。

イスラエルが有人のシリア機を撃墜したのは2014年以降で初めてとされる。イスラエルはシリア内戦に直接関わっていないものの、近年では領空内に入ったドローン(無人機)を撃墜したり、シリア国内にある同国やイランの軍事施設への空爆を行っている。

イスラエルは23日に初めて、中距離ミサイル迎撃システム「デイビッズ・シリング」を配備したばかりだった。

軍の発表によると、このシステムはシリアからイスラエルへと向けられる2種類の地対地ミサイルによる「脅威に反応」して作動する。


激化する二国間関係――トム・ベイトマン中東特派員エルサレム

この日イスラエルが支配するゴラン高原の上空に表れた煙は、シリア内戦が長年の敵対国との関係をさらにあおっていることを示すものとなった。

イスラエルとシリアが最後に戦ったのは45年前で、その後80キロにわたる緩衝地帯を境に軍を退けることに合意。これまでイスラエルの国境の中で最も静かな地域だった。

しかし、シリアのバッシャール・アル・アサド大統領の軍隊が反政府勢力を国境近くまで追い詰め、イスラエルの監視所から数百メートルのところまで来ているのが確認され、イスラエルは論調を徐々に強めてきた。

イスラエルはシリアの同盟国イランや、レバノンの武装グループ「ヒズボラ」からの脅威を最も懸念しており、いかなる緩衝地帯に関する合意違反を許さないとしている。

しかしシリアは今回のスホイ機撃墜を、政府軍の進攻を止めるためにイスラエルが反政府勢力を支援する用意がある証拠だとみるだろう。

(英語記事 Israel shoots down Syrian fighter near Golan Heights