2018年07月25日 15:59 公開

浸水したタイ北部の洞窟から救助されたサッカーチーム所属の少年のうち11人が、一時的に仏教の僧院に入った。苦境を経験したタイ人男性に対する伝統という。

少年たちは僧侶見習いとなる。また、少年たちと共に洞窟に閉じ込められ、救出されたサッカーチームのコーチも、僧侶の地位を授けられる。