しかし、甲子園の球児たちは韓国軍より過酷な状況でのプレーを余儀なくされる。なぜ彼らには安全のための配慮が適用されないのか、不思議で不思議でしょうがない。

 もし、プロ野球選手に、同じような環境での試合を連日強いたのであれば、彼らはストライキを起こし改善を要求するのではないだろうか? 選手だけではない。観覧席で応援する高校生や選手の家族たち、うちわを持って応援する野球ファンを見ていても、気の毒に感じてしまうほどだ。

 ネットには夏にやるしかない理由がいくつか挙げられていた。学期中に行った場合、学業に支障が出るために難しく、また、応援団も駆けつけることができない。秋にやると入試まで時間が短すぎる。秋にはドラフト会議なども控えているため夏休み中にするしかないのだというものだ。

 また、ナイターゲームは未成年者である選手たちに夜遅くまで試合をさせることになり、それは未成年者の保護を目的とした深夜外出の制限規定などに違反する恐れがあり難しいのではないかという指摘もあった。

 夏の甲子園擁護論の中には「夏にやるからこそ甲子園の意味がある」という意見もあった。確かに100年の歴史が作ってきた数々の名勝負、感動ストーリーは球児、野球ファンのみならず、日本の現代史の一部分ともいえるだろう。しかし、伝統への拘りが選手たちを危険に陥れる可能性もあるということも否定できないのではないだろうか。

 異常な暑さが続き日本中で熱中症患者が続出している。テレビでは朝から熱中症予防対策を紹介しながら、野外活動の自粛を呼びかける。そして学校や仕事場で熱中症患者でも発生しようものなら、学校や監督機関の責任を追及する。しかし、そこまで注意しながらも高校野球に対する見直しを求める意見は殆ど聞こえてこない。

 2020年に開かれる東京五輪での暑さ対策については相当心配しながらも、今、目の前で行われている未成年者たちの、球児たちのイベントに対する懸念が殆ど出てこない。私はこれに物凄い乖離を感じる。これが本当に私が「安全にうるさすぎる」と思った日本なのか?なぜ甲子園に対してはこんなに寛大だろうか。

 もちろん、今開かれている大会の場所や時期を変更することは難しいだろう。しかしそろそろ効率的な運営、安全な運営のための大会の見直し、そして試合中止、延期に対する具体的な「基準」を作るために動き始めてもいいのではないだろうか。中継権、スポンサーなど、「大人たちの事情」のために、球児たちの安全を犠牲にしてはいけない。

 この違和感の正体は何だろう――?
(ゲッティイメージズ)
(ゲッティイメージズ)
 汗、涙、泥だらけのユニフォーム、スタンドの歓声で象徴される「甲子園のあるべき姿」は本当に球児たちのためのものなのだろうか。あるいは、ビジネス化した高校野球を盛り上げるために大人たちが演出した「青春」の幻影ではないだろうか。球児たちを炎天下のグラウンドに立たせているのは、球児たちの「夢」ではなく、大人たちの「エゴ」ではないか?

チェ・ソギョン ジャーナリスト。1972年韓国ソウル生まれ。韓国の大学で日本学を専攻し、1999年渡日。関東地方の国立大学で教育学修士号を取得。日本のミュージカル劇団、IT会社などで日韓の橋渡しをする業務に従事する。現在、フリーライターとして活動、日本に関する紹介記事を中心に雑誌などに寄稿。著書に『韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態』(彩図社刊)、『「反日モンスター」はこうして作られた-狂暴化する韓国人の心の中の怪物〈ケムル〉』(講談社刊)がある。