本多カツヒロ(ライター)

『メルケルと右傾化するドイツ』三好範英氏インタビュー

 3月14日、ドイツのメルケル首相は第4次政権を発足させた。EUの中でも抜群の存在感を誇っており、まさに盤石といった印象を受ける。これだけの長期政権を維持できるのだから、さぞ政治畑でエリート教育を受けてきた人物かと思いきや、どうやら一風変わった経歴の持ち主だという。その生い立ちは彼女の政治信条にどのように映し出されているのか。『メルケルと右傾化するドイツ』(光文社新書)を上梓した読売新聞編集委員の三好範英氏に、メルケルの生い立ちやその影響、なぜドイツの分断を招いてしまったかなどについて話を聞いた。

―メルケル首相は、一言で言うとどんな人柄ですか?

三好:世の中には、メルケル首相のことを「権力の亡者」などという見方もありますが、私は一言で言えば「誠実」な人という印象を持っています。メルケル首相とは個人的に親しく話す機会があったわけではありませんが、特派員時代の記者会見での記者との質疑応答の様子や、テレビ番組のインタビューを通して見る彼女にはそういった印象を受けます。

 その誠実さというのは、彼女の生い立ちや東ドイツでの経歴が影響しているのではないかというのが今回の本での見立てです。

―どんな経歴なのでしょうか?

三好:彼女は西ドイツのハンブルグで生まれましたが、父でキリスト教プロテスタントの牧師であったホルスト・カスナーの意向で、当時としては珍しく西ドイツから東ドイツへ移り住みます。当時、共産主義体制を嫌い、年間数十万人が東から西へ移住していたのですが、非常に確信的な共産主義者のなかには西から東へ移り住んだ人も少数ながらいたようです。

 本来、無神論であるマルクス・レーニン主義、つまり共産主義とキリスト教は相容れません。しかしカスナーはキリスト教と共産主義は相反しないという左派的な考え方の持ち主で、牧師としての使命感もあって移住を決意したようです。もともとカスナーは、東ドイツの一部となった東ベルリン地区出身で、故郷で布教活動をするのが義務と考えていたこともあります。

 そうしたプロテスタントの牧師を父に持つといった家庭環境が、政治家や人間としてのメルケルに大きな影響を与えたと思います。
2018年6月、夜通し続いたEU首脳会議を終え、ブリュッセルの会場を後にするドイツのメルケル首相(AP=共同)
2018年6月、夜通し続いたEU首脳会議を終え、ブリュッセルの会場を後にするドイツのメルケル首相(AP=共同)
 東ドイツへ移り住んだ彼女は幼い頃から非常に勉学に優れた人物で、大学では物理学を選考し、卒業後は、東ベルリンの科学アカデミーで物理学者として働きます。もし西ドイツで育っていれば、本人は人と関わることが好きだったと証言していますから、ビジネスの世界で活躍したり医師などになっていた可能性もあります。

 彼女の東ドイツの体制に対する態度は、順応と批判の中間的なものでした。共産主義諸国の少年団であるピオネールに加盟していましたが、社会主義統一党(SED=事実上の共産党)の党員にはなりませんでした。そうした組織に加入しているかそうでないかで体制に忠実かそうでないかが判断されます。高校生のときには、反体制劇で危うく放校になりそうになったというエピソードもあります。当時の東ドイツの体制下では、人文科学などを専攻すると、どうしても共産主義のイデオロギーの枠から自由ではありません。そういう環境だったからこそ、物理学者になった面もあるのでしょう。