2018年07月31日 9:44 公開

7月半ばに着任したばかりのジェレミー・ハント英外相は、ブレグジット(英国の欧州連合離脱)後の英中貿易を協議するため北京訪問中に「自分の妻は日本人で」と言ってしまい、慌てて訂正した。

ハント夫人は中国人だからだ。

ハント氏は1990年代後半に2年間、日本で英語を教えていたことがあり、日本語を話す。