「ちょっと見てよ、ここ」──取材中、的場文男(61)は不意に立ち上がり、ズボンを下ろした。左膝の内側に大きな傷がある。記録更新まであと9勝と迫った6月15日に落馬し、後続馬に踏まれたところだ。

「蹄にえぐられて骨が見えてさ。ほかの部位から肉を移植するのかと思っていたら、医者はそのまま皮を引っ張って縫っちゃった。驚いたねえ」

 地方競馬通算最多勝記録の7152勝を挙げようとしている「大井の帝王」は、20針も縫った大怪我を、話のタネにして笑い飛ばす。

 騎手生活45年。日本の競馬史上最多となる、4万回以上のレースに出場してきた。年間300勝以上していた40代ほど多くはないが、還暦を迎えた一昨年は130勝、昨年は131勝を挙げている。

「60代で毎年100勝している騎手は、世界的にも他にいないでしょう。この年齢になったら普通は落ちぶれるんです。それは、騎乗を依頼してくる調教師のほうが年下になるから。調教師は『先生、ありがとうございます』と言われたいから若い騎手を使いたがる。それでも俺を起用してくれる調教師には、勝って応えようと頑張る。すると『的場は結果を出すから』と、また乗せてくれる。ありがたいね」

大井の帝王・的場文男
 抜群のスタート技術と、序盤から先行する迷いのないレース運び、そして「的場ダンス」と呼ばれる、馬上で舞うような追い方で馬を動かし、勝ちつづける。

 衰えを感じることはあるかと質問すると「あまりないなあ」と即答。若い頃と変わったところは「以前ほどがむしゃらじゃなくなったことかな」と笑う。アンチエイジングのためにしているのはマッサージぐらいだという。

 馬に乗りつづけるうちに硬く盛り上がったくるぶしも見せてくれた。