2018年08月02日 17:51 公開

著名なドイツ人映画監督で写真家のビム・ベンダース氏が、携帯電話による「写真撮影」について熱く持論を語った。

ベンダース氏は米ポラロイド社のカメラで同氏が撮影した写真の展覧会で、「写真は死んだ」とし、その責任は携帯電話にあるとの自説を述べた。

動画制作:トリスタン・ヤング