2018年08月06日 12:08 公開

米ニューメキシコ州警察は5日までに、同州辺境の砂漠地帯にある施設で栄養失調の子供11人を発見、救出した。施設の住環境は劣悪なものだったという。

現地の保安官事務所は、子供の年齢は1歳から15歳で、靴をはかず、ぼろをまとい、「第三世界の難民のように見えた」という。

現地では成人5人も発見された。うち2人は重装備だった。

「私たちは飢えている、食料と水が必要」というメッセージを受け取り、米警察が現場を捜索していた。

現地はニューメキシコ州タオス郡アメリア地区。発見された集団がこの施設に行き着いた経緯は明らかになっていない。

警察はこの収容施設について、プラスティックで覆われた小さな地下の移動住宅で、水道や電気は通っていなかったと説明した。

タオス郡のジェリー・ホグリフ保安官は米ABCニュースに対し、子供は空腹で喉も渇いており、体も衣服も不潔な状態だったと話した。

「警察官を30年やっている。こんなのは見たことがない。信じられない」とホグリフ保安官は語った。

「子供たちは痩せていて、あばら骨が浮いており、衛生状態は非常に悪く、ひどくおびえていた」

現場で飲み水は発見されず、食料は少しのジャガイモと米が一箱しかなかったという。

武装した男性2人、シラジ・ワハジ容疑者とルーカス・モーテン容疑者が現場で逮捕された。

女性3人も逮捕されたものの、後に釈放された。

ホグリフ氏はABCに対し、女性と子供が「洗脳され、施設を支配する男性2人にひどく威圧されていた」ようだと話した。

子供11人は現地の社会福祉団体で保護されている。

ワハジ容疑者は自分の3歳の息子を誘拐した容疑でも指名手配を受けていた。だが米メディアによると、施設で発見された子供の中に容疑者の息子はいなかった。


(英語記事 US police find 11 starving children in New Mexico compound