「"いいですね"というのは、取材対象として、またネタになる存在としていい、ということだったんでしょう。取材を受けない、と言った途端にパタッと連絡は止みました。しばらくしてまた連絡が入り"顔出しの取材"を受けてくれる人を紹介してくれ、としつこく言われました。最後は"顔出しでしゃべらないと意味がない"とか"(取材を受けないと)いつまでたっても社会に理解されない"とまで……」

 ユウトさんはゲイではあるが、自身がゲイであることを、自分が直接、関わりがないすべての人にも理解されたいとまでは考えていないし、自分がそうであることを声高に訴えようとも思わない。ただ、ゲイやレズビアンといった「人々」の存在がある、ということを知ってほしいだけだ。

「性的少数者の中には、自分の存在を訴えたい、受け入れてほしいと強く願う人だっているでしょう。でも、僕たちはそうではない。心配なのは、僕たちの存在を政治的な運動に取り込もうとする人たちがいること」

 LGBTという言葉はもともと、そういう性自認や指向を持っているということを指しているだけであって、何かの運動に参加することを示しているわけではない。そもそも、性指向や自認は、その人がどのような人生を送るのか、どんな生活をしたいのかに深く関わる、実に個人的な問題だ。だからLGBTであることを公言するのか、秘密にするのかは本人が決めることだ。

 自分がゲイであると同じ性指向を持つ者とだけ分かち合うのか、異性愛者の友人にも話すのか。自分の職場で理解してもらうだけでなく、見ず知らずの人も含めた社会に広く知ってもらうのかは、人それぞれだ。それは当事者本人が決めることであって、社会的意義があるからと他人が決定することではない。飲食店でパートナーと仲むつまじくしているからといって、社会運動にも積極的なゲイだと考えるのは短絡的すぎる。

 LGBTに限らず、最近はマイノリティの存在と権利を訴える動きが盛んだ。ユウトさんも、人権を守り、偏見や差別をなくそうという思いはもちろんある。だが、マイノリティと呼ばれる当事者には、一人ひとり異なる思いがあり、問題への取り組み方も人によって違うのに、声の大きな人が自分の運動の仕方に無理に巻き込もうとする動きが強くなっていることが、かえって世間の反感を買うのではないかと不安を抱いている。

「性的少数者だけでなく、ニューカマーの外国人問題だってそうです。多様性は重要だけど、そのことを利用して自分とどう関わりがあるのかよくわからないデモへの動員をかけたり、インタビューを受けさせられて、政治家への不満を答えさせたりするパターンが多い。そこでは、なぜか顔出しや自身のプロフィールをさらけ出せ、と半ば強いるように求められる。記者が僕たちに寄り添い、話を聞いてくれて、匿名の同性愛者の声として記事を書いてくれれば、それだけで嬉しいと思ったはずです。でもそこには必ず顔出しなどの"前提"がある。これがわからないんです。結局あなたたちは何がしたいのか? いいように使おうとしてませんか? と」

 前出の女性記者は、自分の記事を特ダネにしたいという欲望のために、マイノリティの人権のために戦うべきだという理屈を振りかざしてきたと感じたユウトさん。ユウトさんは断ることが出来たが、しつこく食い下がられて断り切れず、不本意な形で世間に向けてカミングアウトさせられた人がいる可能性もある。なかには、考えてもいなかった政権批判に結びつけられた記事に利用された人もいるかもしれない。
(ゲッティイメージズ)
(ゲッティイメージズ)
 政治的な活動すべてが非難されるべきものではない。本来の、当事者の人権を守り、偏見と差別をなくすためには有意義な方法だからだ。だがマスコミへの露出やロビーイングなど政治的活動をとる場合に忘れてならないのは、偏見と差別にさらされている当事者が考え、決定し、主体的に行動することが大前提だということである。