常石敬一(神奈川大学名誉教授)

 4月14日、京都で「研究者が戦争に協力する時ー731部隊の生体実験をめぐって」という話をする機会があった。その集まりを産経新聞大阪本社版は「731部隊、人体実験か 軍医論文『不自然』と研究者有志」のタイトルで報じた。僕の話は、731部隊の軍医の博士論文を分析した結果見えてきた「不自然」を指摘したものだった。

 なぜ、博士論文の分析なのか。731部隊については、1936年から45年までの間、人体実験の実行と細菌戦の試行が指摘されている。それらが事実であることの証拠を、僕は歴史の研究者として集め分析し、論文などとして明らかにしてきた。

 部隊の存在、人体実験や細菌戦はどれも事実で、日本にとって負の遺産である。負の遺産を明らかにするのに最も説得力を持つのは、当事者が残した記録であり、また日本国が保管している公文書であろう。博士論文は博士号取得のために自発的に書き、審査されたものだ。審査に合格ということは、書かれた内容を大学院の審査委員が真実と認めた証しだ。

 博士論文の証拠価値は、本人の自由意思と第三者による内容承認、この二重の事実認定という長所にある。731部隊の実態を明らかにする一つの方法として、部隊員の博士論文の分析を続けてきた。

 そして人体実験を基にした博士論文として「イヌノミのペスト媒介能力に就ての実験的研究」(H・M軍医少佐、京都大学、1945年)に、また細菌戦の試行を明らかにしたものとして「雨下散布の基礎的考察」(K・J軍医少佐、東京大学、1949年)に出会った。これらの論文は国立国会図書館で閲覧することができる。京都で話したのは、H・Mの博士論文とその審査についてだ。

 H・Mの論文のポイントは、従来ペストを媒介しないと考えられていた蚤(のみ)の一種、イヌノミもその能力があることを実験的に明らかにした点にある。その論文の表紙には、著者名と「軍医少佐」の肩書、それに「満州第七三一部隊(部隊長陸軍軍医中将石井四郎)」と所属先が記され、さらに「軍事秘密」と朱印が押されている。
関東軍編制人員表(満洲)=昭和15年7月~20年(防衛省防衛研究所)
関東軍編制人員表(満洲)=昭和15年7月~20年(防衛省防衛研究所)
 内容は「特殊実験」として、ペスト菌に感染しているイヌノミ1匹、5匹、10匹に、それぞれ3頭のサルの血を吸わせた。すると「附着後6-8日にして頭痛、高熱、食思不振を訴え、同時に局部淋巴(りんぱ)腺の腫脹(しゅちょう)、圧痛、舌苔(ぜったい)、眼結膜充血を、その他典型的なる腺ペストの症状を示せり…イヌノミによるサルの感染発症死亡を確認」したという。

 内訳は、ノミ1匹のグループのサルは感染せず、5匹のグループでは1頭が感染発症、そして10匹のグループでは2頭が感染発症した。高熱と食思不振は言葉によるコミュニケーションがなくても分かるが、頭痛は言葉なしに「訴える」ことはできない。しかし、その訴えはH・Mに届いた。