2018年08月16日 14:02 公開

米ホワイトハウスは15日、トランプ政権を批判してきたジョン・ブレナン元中央情報局(CIA)長官の機密情報へのアクセス権限を剥奪(はくだつ)したと発表した。

サラ・サンダース大統領報道官が読み上げたドナルド・トランプ大統領の声明は、ブレナン氏に「不安定な行為や行動」が見られるとしている。

一方、ブレナン氏はツイッターで、トランプ大統領が「言論の自由を抑圧し、批判者を罰しようとする」なかで、アクセス権限の剥奪が行われたとし、「情報機関の関係者を含め米国人全員にとって、意見を表明することについて深刻な懸念を生むだろう。アクセス権限よりも私の信条はずっと重要で、私は引き下がったりしない」と述べた。

https://twitter.com/JohnBrennan/status/1029830514230865920

ブレナン氏は、トランプ氏が先月、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とフィンランドのヘルシンキで会談した後開いた記者会見での発言について、「国家反逆罪に値する」と批判していた。

さらに、ブレナン氏は昨年、2016年の米大統領選でトランプ陣営の幹部がロシアと共謀していた疑惑に関する捜査について、「十分な根拠がある」と語っていた。

トランプ大統領は疑惑を繰り返し否定。捜査は「魔女狩り」だとしている。

<関連記事>

トランプ氏は15日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで、ブレナン氏の機密情報アクセス権限の剥奪は先週する予定だったが、「忙し過ぎた」と述べた。

トランプ氏の声明の概要は以下の通り――。

「行政府の長また最高司令官として、私には国家の機密情報を守る憲法上の唯一無二の義務がある。それには機密情報へのアクセスも含まれる。本日、その責務を果たすため、ジョン・ブレナン元中央情報局長官のアクセス権限を剥奪することを決めた」

「これまで、情報機関や法執行機関の長を務めた人物については、特別な見識を有する問題について後任からの相談に応じられるよう、また職責への礼儀としても、機密情報へのアクセス権限を保持することが許されてきた。どちらの理由も、ブレナン氏が機密情報のアクセス権限を保持することを正当化しない」

声明はさらに、昨年5月にトランプ氏によって解任されたジェイムズ・コーミー前連邦捜査局(FBI)長官や、ジェイムズ・クラッパー前国家情報長官、マイケル・ヘイデン前国家安全保障局(NSA)長官、サリー・イェーツ前司法長官代行などを名指しし、機密情報へのアクセス権限の剥奪が検討されていると述べている。

権限剥奪が検討される人々

コーミー前FBI長官は、トランプ大統領について「道徳的に失格」だと語っている。今年4月に発売された回想録「A Higher Loyalty: Truth, Lies & Leadership(より高い忠誠――真実と嘘とリーダーシップ)」では、トランプ氏はマフィアのボスのようだと述べた。

ブレナン氏のアクセス権限剥奪を受け、コーミー氏は文書で、「またもや大統領は、自分と意見を異にする人々を罰し、自分を称賛する人々に報いるというメッセージを発した」とし、「機密情報へのアクセス権限を、有権者の関心をより大きな問題からそらすための、つまらない政治ゲームの手段にすべきでない」と付け加えた。

コーミー氏はさらに、トランプ大統領が「米国民に対して連日うそをつき、人種差別を煽り、女性嫌いで、いつも自分自身の利益を第一に考えている」と述べた。

クラッパー前国家情報長官は、トランプ政権に重くのしかかるロシアとの共謀疑惑は、1970年代のウォーターゲート事件とは比べものにならないほど大きな問題だと語った。

ヘイデン前NSA長官は今年6月、ナチスの強制収容所の写真に「他にも母親と子供たちを引き離した政府があった」との言葉を添えてツイッターに投稿し、トランプ政権による不法移民の親子引き離しへのあからさまな批判を行った。


話題をそらそうとする組織的な取り組み――<解説>ジョン・ソープル北米編集長

ブレナン氏はトランプ大統領への批判で知られていた。

ヘルシンキの米ロ首脳会談でのトランプ氏は「国家反逆罪に値する」と語り、トランプ氏を能無しと呼び、米国にとって危険だと述べた。

トランプ氏は今回、ブレナン氏の機密情報へのアクセス権限を剥奪して、一矢を報いた。そして、他の多くの情報機関関係者に脅しをかけている。対象者全員に唯一共通するのは、大統領に批判的だという点だ。

しかし、ブレナン氏の権限剥奪を正当化する理由には、同氏が情報漏洩した、あるいは情報を使ってお金を得ようとしたといったことは示唆されていない。

ホワイトハウスの声明は代わりに、ブレナン氏の「不安定な行動」や「無分別な爆発」、「逆上した発言」を挙げている。

今回の決定では、ダン・コーツ米国家情報長官に事前に意見を聞いていないもようだ。

決定には批判が集まっている。

ジョン・ケリー元国務長官は、トランプ大統領がいいかげんな国の統治者のように振舞っていると語った。自分への批判の声を黙らせようとしていると指摘する声もある。

決定のタイミングにも注目すべきだ。政権は最近、トランプ大統領が人種差別発言を繰り返していたとする元側近からの非難への対応に追われてきた。

また、大統領選でトランプ陣営の本部長を一時期務めたポール・マナフォート被告に対する裁判の最終弁論が近く予定されている。

今回のホワイトハウスの発表は、あらかじめ予定されていたものではなかった。話題をそらそうとする組織的な取り組みのように見える。


(英語記事 Trump ends ex-CIA head John Brennan's security access