2018年08月17日 14:29 公開

カトリック教会のローマ法王庁(バチカン)は16日、米ペンシルベニア州の最高裁判所が今週公開した、神父300人以上による少年少女への性的虐待疑惑に関する報告書を受け、フランシスコ法王は被害者の「味方」だとする声明を発表した。

声明では、カトリック教会は「痛ましく恐ろしい出来事を根絶するため」、被害者の声に耳を傾けると述べられている。

大陪審の調査によると、1000人以上の子供がペンシルベニア州内の聖職者によって性的虐待を受けていた。

米国カトリック司教協議会(USCCB)は法王庁に対し、早急に調査を実施するよう求めている。USCCB会長のダニエル・ディナルド枢機卿は、「教会としての指導力に落ち度があった」と述べた。

<編注:以下には読者に衝撃を与える可能性のある内容が含まれます>

大陪審の報告書は、過去70年間にわたり、神父301人が子供を虐待していたと認定。また、虐待をした神父や事実を隠蔽した関係者がその後、教会内で重要な地位に就いていたと指摘した。

USCCBが求めていること

大陪審報告書が14日に公表された2日後、テキサス州に司教区を持つディナルド枢機卿は文書で、「今回の報告書であまりにも明白になった罪や失敗を繰り返さないため、霊的な対話のみならず、実際的な変革が必要となる霊的な危機」にカトリック教会は直面していると述べた。

ディナルド枢機卿はさらに、USCCBの執行委員会が虐待を予防し、「教会内の『プレデター(捕食動物=加害者)たち』や事実を隠蔽しようとする者」を罰するため、3つの目標をまとめたとした。

USCCBは、すでに一部の教区で導入されている、虐待に関する第三者による報告の仕組みを拡充すると表明。被害の訴えがあった際の手続きを簡素化し、「より速く公正で、透明性のあるものにし、手続きの各段階で司教に対してどのような制約が課される可能性があるのか、明確にする」と述べた。

USCCBはさらに、先月辞任したワシントン大司教区のセオドア・マカリック元枢機卿(88)が少年数人を性的に虐待していたとの疑惑について、法王庁が調査を行うよう求めている。被害者には、47年前にミサの侍者を務めていた少年が含まれるという。

フランシスコ法王はマカリック氏の辞任を即時受理し、教会裁判所がさらなる処罰を審理する間、祈りを続けるよう命じた。

大陪審の報告書の内容

1年半にわたった調査に基づく報告書には、ペンシルベニア州内の複数の教区で聖職者たちが子供を性的に虐待し、レイプした生々しい内容が書かれている。各教区には計170万人のカトリック信者がいる。

1300ページに及ぶ報告書は、「神父たちは小さな少年や少女をレイプし、監督すべき立場にあった聖職者たちは何もしなかったどころか、すべてを隠蔽した」と指摘した。

報告書によると、神父たちは以下のような行為をした。

  • ある神父は9歳の少年を虐待した後、聖水で口をすすぐよう少年に強要した
  • ある少年は、自分を虐待した神父に対して告解をさせられた
  • 3人の少年を虐待した疑いがかかっていた神父は教会を離れた際、教会から肯定的な推薦状を得て、ディズニー・ワールドに就職することができた
  • 扁桃腺(へんとうせん)除去手術を受けた7歳の少女は、見舞いに訪れた神父にレイプされた
  • ある子供は裸になって、イエス・キリストが十字架にかけらたれたのと同じポーズをするよう言われ、神父たちはその様子を写真に撮った。神父たちは少年に十字架が付いた金の首飾りを与えたが、他の加害者の神父たちに少年が虐待対象になったことを知らせるためだった
  • 神父に繰り返し虐待を受けたある少年は、背中に慢性的な問題を抱え、鎮痛剤中毒になった後、過剰摂取が原因で死亡した

(英語記事 Pope Francis on side of victims of 'predator' priests in US