2018年08月23日 15:50 公開

英政府は22日、イングランドで生後6カ月以下の子犬や子猫の販売を禁止する方針を発表した。

パブリックコメント(意見公募)に同日付で付された方針では、生後6カ月未満のペットを飼いたい場合は、認定されたブリーダーあるいは動物保護施設で入手しなくてはならなくなる。

生後8週間未満の子犬や子猫についてはすでに、10月1日からペットショップなどでの販売が禁止される予定となっている。

今回の方針は、一部の悪質業者が劣悪な環境でペットを繁殖させている実態が明らかになったことを受けたもの。

2013年にウェールズの繁殖施設から救出された5歳のキャバリア・キングチャールズ・スパニエル犬ルーシーは、狭い檻に入れられていた影響で背骨の変形やてんかんといった健康問題を抱えていたことから、2016年に死亡。これを受け、子犬や子猫の販売を禁止する運動「ルーシー法」が展開されていた。

「ルーシー法」運動の団体はフェイスブックに、ルーシーが「繁殖業者は、子供を産めなくなった私を価値がないと考えた!!!ありがたいことに私は救助され、私の家族は私のことをプライスレス(値段がつけられないくらい価値がある)と思っている! 残虐なやり方を止めさせよう――パピー・ファーミング(子犬工場)を止めさせよう!」と書かれた紙と共に写る写真を投稿。

「何年もの虐待のせいで彼女の体はあまりに弱くなっていて、もう戦えなかった。繁殖業者はお金をもうけられないルーシーは価値がないと思ったが、私たちや彼女を愛する人たちは、彼女を永遠に大切に思い愛し続ける。彼女のためにも問題への認知を高めよう」とのコメントを添えた。

https://www.facebook.com/lucytherescuecavalier/photos/a.265905413593573/781874971996612/?type=3&theater


「ルーシー法」の署名運動には15万人近くが賛同し、英議会でも今年5月に審議が行われた。

ブリーダーから第三者を通じて販売された子犬・子猫の数の統計はないものの、動物愛護団体「ブルー・クロス」は、英国全体で毎年約4万~8万匹が販売されていると推計している。

英環境・食料・農村地域省(DEFRA)によると、ペットショップの一部を含む認可を受けた第三者販売業者の数は、イングランドでは100に満たないという。

マイケル・ゴーブ環境相は、「ペットの状況を全く考慮しない人々が、この酷い商売でお金をもうけることはできなくなる」と語り、新たな規制を支持した。

テレビ番組に出演している獣医で、「ルーシー法」運動を始めたマーク・エイブラハム氏はBBCラジオ5の番組で、ルーシー法によって全てのブリーダーや繁殖業者に「完全な透明性と責任」を持たせ、「動物たちが置かれた状況の向上に大きく役立つ」と話した。

エイブラハム氏は、「どこにも隠れることができなくなる。ペットショップがブリーダーに責任を擦り付けることはできないし、ブリーダーがペットショップのせいにすることもできない」と語った。

「販売する人は皆、責任を負わされるので、動物福祉にとってとても喜ばしいことだ」

ペットのネット販売

慈善団体「メイヒュー・アニマル・ホーム」は、ジャック・ラッセル・テリア犬のルナが、病気で皮ふ病も疑われていたのにもかかわらずインターネット上で販売された事例を、問題として取り上げたことがある。

生後6週間のルナの販売は合法的に販売できる年齢に達していなかったものの、業者はルナが生後10週間だと虚偽の説明をしていた。

このほか、慈善団体「ドッグ・トラスト」は、妊娠中のフレンチ・ブルドッグ犬のロラが東欧から英国まで輸送され子犬を産んだものの、子犬2匹が死亡した事例を紹介している。

ドッグ・トラストのポーラ・ボイデン氏は新規制を歓迎しつつも、「抜け穴がある可能性」を指摘し。

規制を実効あるものにする措置が必要だと述べ、保護されたペットの里親を探す組織に対する規制などの追加策を求めた。

ケンネル・クラブのキャロライン・キスコ氏は新規制について、「多くの犬が苦しまなくなり、生まれ育った場所でお母さんと一緒にいられる環境以外に子犬が置かれるのは絶対にだめだという、子犬を買う人たちへの強いメッセージになる」と語った。

ペット産業連盟は、繁殖業者は閉鎖されるべきだとした上で、第三者販売の全面禁止によって、「闇取引を生む」可能性があると指摘した。

すでに10月1日から導入予定の規制は、認可を受けたペット販売業者に対して認可番号を広告で表示し、認可を受けた地元当局を提示するよう求めているほか、ブリーダーには、販売する前に子犬たちが母親と一緒にいる姿を見せるよう求めている。

ウェールズでも「ルーシー法」の導入を求める運動が行われており、政府は「第三者販売を禁止する可能性について調査をする」と表明している。2014年にウェールズで制定された法律は、すべてのブリーダーが認可を受けることを求めている。

スコットランドでは、パピーファームを禁止する議員立法による法案が今年5月に提出された。

(英語記事 Puppy and kitten sales at pet shops set to be banned