気象庁が「災害」と認定した記録的猛暑で、2020年に迫る東京五輪の開催を危ぶむ声が高まり、海外メディアまでもが報じ始めた。

 国際オリンピック委員会理事会で承認されたマラソンの日程案は、当初計画では女子(8月2日)・男子(同9日)ともに朝7時30分スタートとなっていたが、東京五輪組織委員会は暑さ対策のため、朝7時スタートに繰り上げた。併せて競歩、トライアスロン、ゴルフなども開始時間を前倒しすることとなった。

 もっとも、競技中の選手に対する暑さ対策については、進められているほうかもしれない。だが、熱中症に詳しい桐蔭横浜大学大学院スポーツ科学研究科の星秋夫教授は「危険なのは選手よりもむしろ観客やボランティア」と話す。

「競技の開催場所は屋外競技場が圧倒的に多い。観客は会場に入るため炎天下で列を作って待ち、屋根のない競技場で2~3時間観戦する。マラソンでも、沿道で場所取りのために数時間前から待ったうえで観戦する。

 過去のデータから東京五輪での気温を予測すると36度前後と推測されます。そんな中で3~4時間も立ちっぱなしだと、熱中症を発症するリスクは非常に高い」(星教授)

 暑いといわれた2008年の北京五輪でも最高気温は30度前後だった。36度が想定される東京五輪は史上最も過酷な大会になりうる。

「競技開始時間の変更に加えて、暑さ対策として植樹して日陰を作ったり、アスファルトにクール舗装をしたり、ミストシャワーを設置したりすることが挙げられていますが、いずれも観客には関係ありません。かなりの人が熱中症で倒れ、運悪く亡くなられる方も出てくる可能性があります」(同前)

 大会組織委の森喜朗会長は、日刊スポーツ(7月24日付)のインタビューで暑さ対策について「想像上ではなく今、現実にある。実際に試すため、生かさない手はない」「ある意味、五輪関係者にとってはチャンス」と猛暑が日本人選手に利するというポジティブすぎる考えを語った。

 しかし、もはや日本の選手が勝てるかどうかの問題ではない。さらに猛暑五輪の被害を受けるのは人間だけではない。馬術競技には馬も“出場”する。
※画像はイメージです(GettyImages)
※画像はイメージです(GettyImages)
 7月24日に行なわれた世界遺産・闘鶏神社(和歌山県田辺市)の「田辺祭」では、神輿などを引く馬の4頭中1頭が熱中症をおこし、交代する一幕があった。

 日本馬術連盟の広報担当者は「馬が暑さに強くないのは事実です。暑さよりも寒さに強い動物ですから」という。そこで、組織委員会に馬の暑さ対策について訊いた。

「馬の暑さ対策はもちろん必要で、現在のところ早朝や夕方以降のスタートにすることが決まっています。あとは個別の会場で暑さ対策をすることになりますが、現在はまだ詰め切れていません」(戦略広報課)

 もし2020年も今年のような猛暑に襲われれば、選手だけでなく観客、ボランティア、そして馬もバタバタと倒れる──史上最悪の大会として語り継がれることになりかねない。

関連記事