2018年08月29日 16:31 公開

21歳の香港女性が、中国本土でだまされ、全くの他人と結婚したと訴えている。「模擬」結婚式に参加した際にだまされたという。

名前を明かしていないこの女性は、ウェディングプランナーになるための訓練の一部で模擬結婚式に参加し、花嫁役を演じたと話した。式中、この女性と男性は本物の婚姻届に署名した。

女性が実際に結婚していることに気づいたのは香港に戻った後で、女性は香港で法的な支援を模索した。

犯罪が起きた証拠がないことから地元警察は支援ができなかったため、女性は労働組合の香港工会連合会(FTU)に申し入れた。

FTU権益委員会の唐庚尭委員長はBBCに対し「これは新しい形の結婚詐欺だ」と話した。

「失望している。現代の香港でこんなことが起きているなんて信じられない」

「つけこまれた」

女性は5月、メイクアップアーティストの実習生を募集する広告をフェイスブックで見た。

しかし応募後、女性は運営会社から、ウェディングプランナー職に変更するよう説得されたという。

女性は香港で無料トレーニングを受けた。その後、トレーニングコースを修了するためには中国の福州である模擬結婚式に参加する必要があると言われた。

女性は7月、現地の役所で婚姻届に署名した。香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストによると、運営会社は女性に、結婚は後で「無効」になると伝えたという。

しかし香港に戻った後、クラスメイトの1人が女性に、それは詐欺だと言い聞かせた。

女性は現在も結婚状態にあり、離婚手続きを取らなければいけない可能性がある。女性と結婚した男性が誰か、結婚後に香港に入ったかは明らかになっていない。

「この21歳の女性は、状況が何もわかっていないことにつけこまれた」と唐氏は語った。

「この女性の最大の損失は結婚歴を持ってしまうことで、女性は精神的ダメージを受けている」

香港警察は毎年、約1000件の国際結婚詐欺事件を捜査するという。

香港人と結婚した中国人は、香港での居住権を申請できる。

(英語記事 Hong Kong woman marries stranger after being 'tricked' by work