スマホは通話にメールに動画の視聴にと、いろいろと便利だけど、料金が高いのがネックですよね。でももし自宅のパソコンにインターネットをひいているのに、Wi-Fi(ワイファイ。無線LANのこと)がないなら、コレを設置するだけでも、今のスマホ料金が大幅に節約できるんです!

 その辺の詳細を、ITセキュリティーの専門家で、携帯電話事情に詳しい三上洋さん(以下、「」内同)に私、「お~みか。」が教えてもらいました!

 スマホのデータ通信料は、ドコモなど大手3社はほぼ同じで、通話料とは別に「2ギガで月額35000円」「5ギガで月額5000円」など、1か月の契約容量で支払う仕組み。容量を使い終わると追加で買うか、遅い速度で使うことになるから、どれくらい必要かわからないと、うちの父のように、店に言われるがまま、大容量で契約しがちなのよね。最近では「20ギガで月額6000円」なんて、“モンスター”級の大容量も登場しているみたいだけど、自宅にWi-Fiがあれば、2ギガもあれば充分なんですって。

「Wi-Fiとは電波の一種ですが、スマホの携帯電話回線とは別物。Wi-Fiの電波を使うと、携帯電話の回線を使わずに高速通信ができるので、携帯電話会社と契約しているデータ通信量を使わずにすむんです」

 つまり、Wi-Fiを使えば、いくらネットを見ても、スマホのデータ通信量が減る心配ナシ。特にうちの両親は、スマホで動画を見るわけでもないし、ゲームを長時間するわけではないので、5ギガから2ギガの契約に変えれば、2人で月額3000円、年間にしたら3万6000円も節約できちゃうワケだから、かなりお得ですよね!

 とはいえ、「Wi-Fiの設置なんて難しそう」「費用はいくらかかるの」など、心配もあるでしょう。

 でも大丈夫! 自宅のパソコンがインターネットにつながっているお宅なら、申し込み1つですむんです。

「パソコンをインターネットにつないでいるなら、家に“モデム”があるはず。契約しているプロバイダに連絡してWi-Fiの利用を申し込めば、モデムを親機にして電波を飛ばす“Wi-Fiルーター”という子機をレンタルしてくれます」
写真はイメージです(ゲッティイメージズ)
写真はイメージです(ゲッティイメージズ)
 ただし、レンタルは月額数百円かかるので、市販のルーターを購入した方が安上がりでおすすめ。

「ルーターは1万円前後。家電量販店などで売っています。買ってきたら自宅のモデムにつなぎ、簡単な設定をすませれば設置完了です」

 Wi-Fiの設置が終わったら、次はスマホ側の設定。手順はコチラ。

1.画面にある「設定」を開く
2.「Wi-Fi」を選ぶ
3.Wi-Fiリストの中から、ルーターのラベルや取扱説明書に表示してある電波の名前「ネットワークID(SSID)」を選ぶ
4.パスワードの入力欄に、「暗号化キー」を入力する
5.スマホの画面上部に、「Wi-Fiマーク」が出ればOK!

「パスワード(暗号化キー)は一度設定すれば、使うたびに入力する必要はありません。自宅に戻れば、スマホが自動的にWi-Fiの電波を拾い、切り替えてくれます」

 つまり、一度設定さえすれば、あとは勝手にスマホ料金を節約できるという仕組み。うちの両親のように、ネット環境が整っているのに、Wi-Fiを設定していない家庭って結構多いんですよね。これってスゴクもったいない。家族でスマホを使う人数が多いほどお得度もアップするからぜひ試してみて!

関連記事