2018年09月06日 15:24 公開

アンソニー・ザーカー BBC北米担当記者

米紙ニューヨーク・タイムズは5日、トランプ米政権幹部が自分は政権内にいながらにして大統領に対する「抵抗の一員だ」と書いた論説を、匿名で掲載した。同紙は、筆者が誰か承知しているという。

投稿の筆者は、「非道徳」で「衝動的」なトランプ大統領は、理解不十分なまま無謀な判断を重ねていると書いた。そのため自分を含め一部の政権関係者は、大統領の「最もひどい性向」から国を守るため、大統領の政策目標の実現を部分的に阻止しようと動いているのだという。

これについてトランプ大統領は、匿名論説の筆者は「根性なし」で、「うまくいっていない」ニューヨーク・タイムズは「うそくさい」と非難した。

サラ・サンダース大統領報道官は、謎の筆者は「卑怯者」で辞任すべきだと非難した。

ニューヨーク・タイムズは匿名の論説を掲載したことについて、「この文章を掲載したことを非常に誇らしく思っている。トランプ政権の中で何が起こっているのか、世間の理解を大いに助ける非常に価値のあるものだ」と表明した。

トランプ大統領と政権幹部の関係については、米紙ワシントン・ポストが前日、ウォーターゲート事件報道などで有名なボブ・ウッドワード記者による政権暴露本の抜粋を公表したばかり。近く発売されるこの本の中でも、政権幹部が貿易協定を破棄しようとするトランプ大統領から重要書類を隠して署名できないようにするなど、「行政的クーデター」とウッドワード氏が呼ぶ行為が多数書かれているという。

ニューヨーク・タイムズへの寄稿は、実際にクーデターが行われていると、当事者が自ら追認したことになる。

論説を受けてトランプ氏は、「国家反逆罪?」とツイートした。

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1037464177269514240


さらに大統領は、「いわゆる『政権幹部』とやらは実在するのか、それとも単にうまくいっていないニューヨーク・タイムズがまた、うそくさい情報源を使っただけか? もし根性なしの匿名の人間が実在するなら、タイムズは国家安全保障のために、ただちにその人間の正体を政府に明かさなくてはならない!」と書いた(太字は原文で大文字強調)。

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1037485664433070080


「私はトランプ政権内の抵抗の一員だ」と題された寄稿でこの筆者は、「私は大統領のために働いているが、同じ考えの同僚たちと共に、大統領の政策目標の一部や、特にひどい性向を阻止すると誓っている」と書いた。筆者はさらに、自分はリベラルの工作員ではなく、政権が追求する政策目標の多くに賛同しているが、実現しているものは大統領のおかげではなく、大統領がいるにもかかわらず形になっているのだと書いている。

「反民主主義的」

政権幹部が書き連ねるトランプ氏への批判は、左派・右派を問わず、大統領の政敵にとってはおなじみのもののはずだ。会議は混乱し、衝動的でささいなことにこだわり、決めたことを守れず、報道の自由を毛嫌いし、「反民主主義的」な本能の持ち主だという。

筆者は、トランプ政権を「二重路線」と呼び、北朝鮮の金正恩氏やロシアのウラジーミル・プーチン氏など「専制君主や独裁者」と親しくしようとするトランプ氏を、「同席している大人たち」が抑制し、方向を切り替えているのだと書いている。

「これはいわゆる『国家内国家』がやっていることではない。これは安定した国家がやっていることだ」と筆者は書く。

<関連記事>

加えて筆者は、政権の中には憲法修正第25条の発動をささやく者もいたと明らかにした。憲法修正第25条は、副大統領と閣僚の過半数が議会への申し立てを通じて、「職務の権限と義務を遂行できない」大統領を解任させられると定めた条項だ。

修正第25条の発動など、米政界においてこれまでまともに議論されたことはなく、政治談議の片隅やトランプ氏を激しく嫌う批判勢力しか話題にしてこなかった。

「憲政上の危機を巻き起こしたい人間などいない」と匿名の筆者は書き、「なので、この政権が何らかの形で終わるまで、政権を正しい方向に向かわせるため、自分たちにできることをしていく」と表明している。

ホワイトハウスの反応は

政権内ではすでに、ウッドワード氏の本の協力者探しを強く推進しようという動きが出ていた。今回のニューヨーク・タイムズへの寄稿で、ただでさえ燃え盛っていた炎に油が注がれたことになる。

大統領は匿名の論説は「本当にみっともない」ものだと批判し、サンダース報道官は直ちに、強い批判のコメントを発表した。

「この記事を書いた当人は、正規に選挙で選ばれた合衆国大統領を支援するのではなく、だますことを選んだ。この人物は国を第一にするのではなく、米国民の意思よりも自分自身と自分のエゴを優先させている」と報道官は書いた。

サンダース氏とトランプ氏は共に、論説を掲載したニューヨーク・タイムズを激しく非難している。大統領は、自分が退任するころには同紙やCNNといった「うそくさい報道機関」は、「書くことが何もなくなってどこも廃業している」はずだと述べた。

誰が書いたのか

政権の外では、匿名筆者の正体探しというワシントンがお気に入りのゲームが始まる。1992年のビル・クリントン陣営について「アノニマス(匿名)」が、ほぼ事実に即した小説「プライマリー・カラーズ」を発表して以来の政治ミステリーだ。

書かれている内容の多くが、国際政治における振る舞いを取り上げていることから、国務省や国家安全保障会議、国防省の関係者に最も強いスポットライトが当てられるだろう。

加えて政権としてはおそらく、本人に名乗り出るよう求めるに違いない。

ドン・バイヤー下院議員(バージニア州選出、民主党)はツイッターで、「大統領が『専制君主や独裁者を好み』、『反民主主義的な本能』の持ち主だというのに、それを目にしながら権力の座にある人たちが公然と立ち向かわず、そのような大統領の続行を容認しているというのが、この時代の危機的状況だ」と書いた。

今回の匿名の告白は、トランプ氏を批判してきた人たちの懸念を確認しただけで、決して勇気ある行動とは言いがたい。ただし、ウッドワード氏の本にすぐ続いたことでワンツー・パンチとなった。この打撃がなかったことにするのは、なかなか難しい。

(英語記事 Trump senior official: 'I am part of the resistance'