中村幸嗣(元自衛隊医官、血液内科医)

 漫画『ちびまる子ちゃん』の作者、さくらももこさんが53歳の若さで永眠されました。死因は乳がんだそうです。

 タレントの小林麻央さんの時とは異なり、詳細な病歴は不明です。闘病中の情報が表面化しなかったのは、さくらさんがあくまで漫画のイメージを大事にされていたのだと感心します。ご冥福をお祈りします。

 さくらさんのエッセーに印象深い一節があります。生前に「死は誰にでもいつか訪れます。でも死ぬまでの間は生きています。生きている間は生きていることを満喫しようじゃありませんか」と綴っていたのです。

 私も医師として、「答えのない問題に対する不安で押しつぶされて生きていても楽しくないですよ。前を向いて進みましょう。ただ、疲れたらいつでも休みましょう」と、いつも患者さんに言っています。

 さくらさんもそうでしたが、最近、比較的若い人のがんの報告が目立ちます。血液疾患は、昔から若い世代の人間がかかる病気でしたが、上皮系のいわゆるがんは私が医師になりたてのころ、若い人の死因の中でそこまで多いものではなかった気がします。

 この間、自身のがんを公表した山本KID徳郁(のりふみ)さんも41歳です。メディアの発達もあるのでしょうが、なんとなく若年者のがんが現場では増えてきている感じがします。もちろん、高齢者も含めて、がんの総数が増えているだけなのかもしれません。

 また、治療の進歩で「がんサバイバー」が増えたためでしょうか、今、15~39歳の若い世代、いわゆる「AYA(アヤ)世代」へのがん対策研究が行われています。今年約2万人が発症していると、ようやくわかったくらいで、研究はそれこそまだ始まったばかりです。それでも、AYA世代への対応が、全年齢対象へのより良いがん対策に結びつくのではと、さまざまな社会対策を含めて検討されてきているのです。
がん闘病を告白した山本KID徳郁=2015年1月(桐山弘太撮影)
がん闘病を告白した山本KID徳郁=2015年1月(桐山弘太撮影)
 とはいえ、なんとなく不安を増強させる有名人のがん、そして特に亡くなられたと報じられると一般の方は不安になります。

 「原因は一体何?」「自分がなったらどうしよう」「どうやって予防すれば」「どうやって診断すれば」「どうやって治療すれば」「どの病院に行けば」と、情報はどんどん錯綜(さくそう)し、増えていきます。