2018年09月10日 10:56 公開

パリで9日午後11時(日本時間20日午前8時)ごろ、ナイフと鉄の棒を持った男が通行人を次々と襲い、7人が負傷、うち4人が重傷を負った。

犯人はアフガニスタン国籍と言われており、すでに逮捕されている。情報筋によるとテロの疑いはない。

けが人のうち2人は英国人観光客との情報もある。

事件はパリ北西部19区のウルク運河沿いで起きた。消息筋の話では、犯人は運河沿いのケ·ドゥ·ロワールにあるMK2シネマの近くで、男性2人と女性1人を刺した。

近くでペタンク(フランス発祥の球技)をしていた数人が、金属のボールを投げて犯人を止めようとしたという。

ボールを当てられた犯人は現場から逃亡し、その後ルー・アンリ・ノゲレで2人の英国人観光客を襲ったと伝えられている。

英外務省は声明で、「我々は急ぎこの事件を調査しており、仏当局と緊密に連絡を取っている」と発表した。

フランスの警察筋は、「現段階ではテロ攻撃だと示唆するものはない」と話している。

(英語記事 Paris knife attacker injures seven