角福戦争から小泉旋風まで、劇的なドラマが繰り返されてきた自民党総裁選。9月20日に投開票が予定されており、安倍晋三氏と石破茂氏の一騎打ちとなるがOBたちの血も騒ぐ──かと思いきや、テンションは低い。「なぜこんなにつまらんのか」とあきれ顔なのだ。合計238歳の「老人党」幹部の3名、元参議院議員(自民党)の村上正邦氏(86)、元参議院議員(民主党など)の平野貞夫氏(82)、元参議院議員(共産党)の筆坂秀世氏(70)らが、なぜ総裁選がつまらないのかについて語り合った。

村上:前はもっと今の政治に怒りがあったんだけど、最近は総裁選と聞いても、カリカリすら来ないんだよ。興味を失った。自民党員のなかでは安倍支持が80%というけど、そんな高い数字が示すような熱気なんて国民の間にまるで感じないよ。

筆坂:ホントそう。国民の関心はほとんどゼロ。

村上:自民党総裁選というのは、次の日本を背負っていく人を選択する選挙なんだよ。どうしてこうなった。

筆坂:総裁選は自民党にとって活力の源でしたよ。派閥が健在だった時代は、派閥の力を試す場だった。派閥の領袖こそが本来は総裁選を戦う候補のはず。

 だけど、今の自民党の派閥トップで総裁狙っているの何人いる? 細田(博之)さんなんてまるっきり狙っていない。あれは今でも実質、森(喜朗)派ですよ。細田派のある議員から聞いたけどね、今でも森さんは派閥の会合にときどき顔を出すんだけど、そのときが一番空気がピーンと張り詰めるんだって。ふだんは緩んでるのに。

平野:いまだに“森一強”なんですよね。

筆坂:“東京2020一強”なんだよ。

村上:そうそう。

平野:そもそも森政権を作ったのは誰だって話になるからやめましょう(笑い)。

村上:オレかっ!

筆坂:いやいや、そういうことじゃなくて。二階(俊博)さんだって派閥のトップだけど、総理を目指していない。幹事長を握っていればそれでいいわけで。

村上:石原(伸晃)派だって、相変わらず山崎(拓)派だよ。竹下派が復活したけれども、あれも青木(幹雄)派だ。

筆坂:そう、青木派。安倍vs石破だって結局は森vs青木でしょう。

 私は自民党の責任は重大だと思っているの。政権争いする野党がいないんだから、疑似政権争いを自民党の中でやるしかないのに、それを放棄したら政治に活力なんか生まれない。
森喜朗首相(当時)と青木幹雄官房長官(左)=2000年5月
森喜朗首相(当時)と青木幹雄官房長官(左)=2000年5月、東京都(小松洋撮影)
平野:今回の総裁選は面白くなりそうだったんです。岸田(文雄)さんは憲法九条を守ると言っていたから、自民党内で議論が起きるかと期待していたんですが、結局、安倍さんに折伏された。宏池会はこれでお終い。

村上:岸田は禅譲を狙ったんだよ。

筆坂:禅譲なんかないよ。権力の座というのは闘って奪い取るものなんだよ。

村上:その通り。今まで禅譲なんて一度もなかった。

平野:岸信介さんは日米安保改定に協力する見返りに、大野伴睦、河野一郎、佐藤栄作に順に政権委譲すると約束した。確認文書に児玉誉士夫が裏書きしてね。

筆坂:あった、あった。だけど、そんなのどっかいって後継は池田勇人さんになった。佐藤栄作さんも福田赳夫さんに禅譲しようとしたけれど、角福対決で角さんが勝ったわけじゃない。

平野:禅譲なんて幻ですよ。

関連記事