2018年09月14日 12:33 公開

昨年9月にカリブ海を襲ったハリケーン・マリアで2975人が死亡した米自治領プエルトリコの被害について、自治政府が公式発表した犠牲者数をドナルド・トランプ米大統領は13日、「3000人も死んでいない」、「民主党がやったことだ」と裏付けを示さずツイートした。

トランプ大統領はツイッターで、「プエルトリコを直撃した2つのハリケーンで3000人も死んでいない。嵐が直撃したあとに自分が島を離れた時点で、死者は6人から18人くらいだった。時間がたってもそれほど増えなかった。それがずいぶん後になってから、本当に大きな人数を報告するようになった。3000人とか……」

「これは、僕がプエルトリコ再建のために何十億ドルも集めるのに成功していたとき、こちらの評判をできるだけ落とそうと民主党がやったことだ。理由はなんでも、たとえば老衰とか、誰かが死んだらそれだけでリストに足したんだ。ひどい政治だ。僕はプエルトリコが大好きだ!」

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1040217897703026689


https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1040220855400386560


米国では現在、「カテゴリー2」のハリケーン・フローレンスが東部海岸に接近している。

公式死者数の根拠は

米政府は、ハリケーン・マリアの被害者数を少なく発表してきたとかねてから批判されていた。8月28日までは、崩れる建物の下敷きになったり、溺死したり、飛んでくるがれきにあたるなど、ハリケーンによる直接的な衝撃で死亡した人のみを数えていたため、公式死者数は64人だった。

しかし、米ハーバード大学は今年5月、ハリケーンによる死者は4600人以上だったとする試算を発表。停電や交通網の破壊による医療行為の中断が、多数の死亡につながったと指摘した。

米ジョージ・ワシントン大学が7月に結果を発表した調査は、プエルトリコのリカルド・ロッセロ知事が委託したもので、自治政府は調査結果を公式数値として受け入れている。ハリケーン直撃から半年の間に、停電や清潔な水の不足、医療レベルの悪化などが原因で死亡した人も含まれている。ハリケーン後、プエルトリコでは停電が何度も繰り返されたため、糖尿病や敗血症などによる死者も増えた。

大学の調査はさらに、死因を正しく自然災害と関連づけるために必要な認識が、多くの医療者に欠けていたと指摘した。

調査は、昨年9月半ばから今年2月半ばまでの死体検案書や他地域の統計をもとに、死者数を数えた。

プエルトリコからの反応は

被災当初からトランプ政権の対応を厳しく非難してきた中央都市サンフアンのカルメン・ユーリン・クルス市長は、「トランプさん、いくらツイートで私たちを威圧しようとしても、私たちは知っている。自分たちの命が大事だと」とツイートした。

「私たちの自尊心を、あなたに奪われるなどあり得ない。恥を知りなさい!」と市長は続けた。

トランプ氏は11日に、自分たちのプエルトリコ対応を「素晴らしかった」と自画自賛していた。それをクルス市長は、「死者3000人が成功だったと思うなら、どうしようもない。神様、助けてください」とツイートし、今回の大統領発言は「泣きっ面に蜂」だと批判していた。

市長は8月末に公式死者数2975人が発表された際には、連邦政府のプエルトリコ対応は「トランプ政権の汚点」だと罵倒した。

自治政府のリカルド・ロッセロ知事は11日夜に声明で、マリアは「現代のプエルトリコにとって史上最悪の自然災害だった。基本インフラが壊滅し、数千人が死亡し、多くが今も苦しんでいる」と述べた。さらに、「植民地と連邦政府の関係が『成功』していると呼べるなど、あり得ない。合衆国の米国人が享受する不可譲な権利の一部が、プエルトリコ人には認められていないからだ」と反発した。

プエルトリコは米国に未編入の自治連邦区。住民330万人は米国籍を持つが、大統領選の投票権がない。一方で、連邦所得税の納税義務もない。米ジョージ・ワシントン大学調査によると、人口330万人のうち、約8%がハリケーン以降に島を離れた。

米政界の反応は

トランプ氏の今回のツイートについては、与党・共和党内からも批判の声が上がっている。

フロリダ州選出のイレアナ・ロス=レティネン下院議員(今年で政界引退)は、大統領のツイートを「頭がくらくらする」ものだと呼んだ。

「この統計を『フェイクニュース』にしてしまえるなど、頭の中がゆがんでいる」と議員は批判し、トランプ氏にこれまでの言動の中で今まで以上に最低なものかもしれないと述べた。

上院選に出馬しているフロリダ州のリック・スコット州知事は、「私はプエルトリコを7回訪れ、深刻な被災状況をこの目で見た。あらゆる犠牲は悲劇的だ」とツイートした。

政界引退予定の共和党幹部、ポール・ライアン下院議長も、「死者数に反論する根拠はない」、「孤立した島が嵐の直撃で甚大な被害を受けた。それは誰のせいでもない。ただ、実際にそういうことが起きた」と述べた。

野党・民主党の反応は痛烈で、エド・マーキー上院議員(マサチューセッツ州選出)は「プエルトリコの悲劇を目にして、自分こそ被害者だと結論できるのは、ドナルド・トランプだけだ。プエルトリコで亡くなった3000人近い米国人の魂を、神よ祝福したまえ。そして大統領、神があなたの魂を哀れと思いますように」とツイートした。

https://twitter.com/SenMarkey/status/1040225974535835648


なぜ飲料水2万パレットが滑走路に

ハリケーン・マリアから1年たって、被災者向けのペットボトル入り飲料水が約2万パレット分、プエルトリコ・セイバの滑走路で放置されている写真が浮上した。

連邦緊急事態管理庁(FEMA)は、滑走路に水を置いたのが自分たちかどうか調査し、そうだった場合は「白状する」とコメントしている。

政府一般調達局(GSA)のプエルトリコ事務局長、オットマー・チャベス氏は、ペットボトルについて11日に初めて知らされたと述べた。水の味やにおいについて苦情が出ており、FEMAが責任をとるべきだと話している。

プエルトリコ自治政府は過去に、救助活動に様々な問題があったのはFEMAの責任だと批判していた。一方で、トランプ大統領は地元当局が無能だからだと非難していた。


<解説> 政治的嵐――アンソニー・ザーカー北米担当記者、ワシントン

ドナルド・トランプは大統領としての自分の手腕を批判されるのが、ともかく耐えられないようだ。そうでなければ、ハリケーン・フローレンスが東海岸に接近している今、ハリケーン・マリアによるプエルトリコの死者数が上方修正されたのは、自分を悪くみせようと民主党が仕組んだことだと決め付けるなど、説明のしようがない。

13日朝の大統領ツイートによる政治的効果は、厳しい。マスコミは、政府のフローレンス対応を伝える合間に、大統領とプエルトリコ当局の舌戦や、大統領発言の信ぴょう性をしきりに取り上げることになった。

トランプ氏が人の死を軽んじる態度をとったことで、フロリダ州に移住し、11月の中間選挙で投票権をもつ何万人ものプエルトリコ人の怒りを買った可能性もある。

プエルトリコが米本土から遠方にある島で、電力網など既存のインフラが古くて劣化していたことが、ハリケーン・マリアの被害を悪化させたという大統領の言い分は、ある意味で正しい。

だからこそ、プエルトリコの米国市民にはもっと支援の手を差し伸べる理由にもなったはずだが、そうはならなかった。むしろ、復興作業は政争の具に成り果てて、今や死者数の「正規の」人数をめぐっても言い争いが続くありさまだ。

(英語記事 Trump disputes Puerto Rico hurricane death toll