〈彼は日本のプリンセスと結婚することになっている。でも、彼をフィアンセと呼んではいけない〉

 7月20日、米紙『ニューヨーク・タイムズ(以下、NYT)』電子版は、秋篠宮家の眞子内親王と小室圭さんについてそう報じた。

 2人は昨年9月に婚約内定会見を開いたが、年末に小室さんの母と元婚約者との「400万円金銭トラブル」が報じられた後、宮内庁は今年2月に関連行事の延期を発表。2人の結婚は「2020年の予定」とされたが、小室さんの「2021年までの米フォーダム大留学」も発表され、事態は混沌とするばかり。

 冒頭の記事は、留学先のフォーダム大が小室さんのことを〈プリンセス・マコのフィアンセ(=婚約者)〉とHP上で紹介したことについて、宮内庁が「一般の結納にある『納采の儀』を終えていないため、正式な婚約者ではない」と誤りを指摘したことに端を発する。気になるのは同紙の論調だ。

「日本メディアの姿勢を批判し、小室さん母子が〈週刊誌の犠牲になった〉と擁護した。また、〈小室さんが過剰なまでに批判されるのは、いまだに家族の背景を重視する日本人の結婚観があるからだ〉として、宮内庁の姿勢や日本の世論に疑問を呈した」(皇室記者)

 さらに今年5月に英王室のヘンリー王子と結婚したメーガン妃を引き合いに、〈(メーガン妃の親族が)注目を集めたが、結婚そのものを批判したり、反対するものではなかった〉とした。英王室に詳しいジャーナリスト・多賀幹子氏の解説。

「確かに“メーガンは王室に相応しくない”とは議論されませんでした。“愛さえあれば、本人たちが望むなら結婚を認めるべき”という英米圏の人権意識と日本の価値観との違いに理由があるかもしれません」
※画像はイメージです(GettyImages)
※画像はイメージです(GettyImages)
 ただ、そうした海外の見方に抜け落ちている部分もある。皇室ジャーナリストの神田秀一氏が言う。

「NYTの記事では、小室さんの母が元婚約者から借りた金銭が小室さん本人の学費に使われたことや、元婚約者との話し合いの場に小室さんが同席した事実などが記されていませんでした。トラブルが、小室さん本人とは無関係のものとも読めてしまう。そうなれば、『旧態依然とした日本の皇室』という印象ばかりが強調されてしまう。

 退位、即位という一大行事を前に、あらぬバッシングに繋がってしまわないかと、大変不安に思います」

 NYTの記者は、多忙を理由に取材に応じなかった。火種を残したまま、小室さんは間もなく、留学先のニューヨークへ旅立つ。

関連記事