重村智計(東京通信大教授)

 北村滋内閣情報官と北朝鮮の金聖恵(キム・ソンヘ)氏が7月に秘密会談していた。日本のテレビでは、事実関係を確認していないのに、とんでもない分析や解説が流される。しかも、北朝鮮の基礎知識を無視して勝手な「妄想」が語られる。

 外務省に忖度(そんたく)してか、「二元外交」などと根拠もなく批判し、日朝交渉時のアジア大洋州局長を弁護する主張まであった。本稿では日本のメディアで横行する、国民をミスリードする解説を正しておきたい。

 始まりは「特オチ」だった。メディアと取材記者が、米ワシントン・ポスト紙に抜かれた。同紙は8月28日に「北村情報官、北朝鮮の金聖恵氏と秘密会談、米政府不快」と報じた。

 実はこの記事、日朝秘密接触を報じたのではなかった。見出しは「トランプ、パールハーバー(真珠湾)を忘れないと発言。安倍首相との(冷めた)関係」で、あくまでトランプ米大統領に対する批判記事だ。日朝秘密接触には数行しか触れていない。

 米国の新聞と読者は、日朝の秘密接触には関心がない。あくまでトランプ大統領と安倍晋三首相の関係が悪化した、と強調するために使った事実に過ぎない。「米国は日本に米朝接触の内容を教えているのに、日本は日朝接触を教えなかった」との当局者の不満を強調して、日米関係悪化の「証拠」に使ったのだが、記事は間違いだった。

 実は、北村氏と安倍首相は、米政府高官に日朝接触の事実を伝えていたのである。というのも、「北村と接触すべき」と北朝鮮に推薦したのは、ポンペオ米国務長官だったからだ。
2018年7月、訪日したポンペオ米国務長官(左)と握手する安倍晋三首相(宮崎瑞穂撮影)
2018年7月、訪日したポンペオ米国務長官(左)と握手する安倍晋三首相(宮崎瑞穂撮影)
 ポンペオ長官は米中央情報局(CIA)長官時代の3月末に訪朝した際に、北朝鮮側から「日本政府で安倍首相に直接繋がる人、信用できる者は誰か」と聞かれた。長官は「北村情報官しかいない。安倍首相が最も信頼している」と教えた。ポンペオ長官は、北村氏にこの事実を伝えた。