伊藤雅文(歴史研究家)

 邪馬台国(やまたいこく)を論ずるにあたって、まず考えなければならないのは、「邪馬台国は文献上の存在である」ということである。空想上の存在という意味ではない。『三国志』の「魏書烏丸鮮卑東夷伝倭人条」、いわゆる『魏志倭人伝』に、「倭の地に女王卑弥呼の都する邪馬台国がある」と記されていなければ、現代の私たちは「邪馬台国」「卑弥呼」の存在自体を知ることはなかった、という意味である。

 そして、『三国志』の著者である陳寿(ちんじゅ)は、邪馬台国に至る行程まで書き残してくれている。だから、私たちは邪馬台国の位置について考えることができるのだ。

 昨今、邪馬台国畿内説を報ずる記事を目にする機会が増えた。特に、2009年の纒向(まきむく)遺跡(奈良県桜井市)における大型掘立柱建物跡の発掘により、その傾向が加速したと思われる。

 「卑弥呼の宮殿か?」とセンセーショナルな発表、報道がなされたからである。そして、纒向の遺構・遺物の年代は邪馬台国の時代である3世紀初頭から中頃に比定されるようになる。従来は4世紀半ばであるとされていた古墳の発生時期も、今では3世紀半ばにまで遡(さかのぼ)り、箸墓古墳(奈良県桜井市)は卑弥呼の墓であるという見解まで現れた。「邪馬台国は畿内、纒向で決まり!」とばかりに、地元桜井市は毎年東京で邪馬台国、卑弥呼に関するフォーラムまで開催している。

 しかし、筆者には、邪馬台国「畿内説」は考古学的成果ばかりが前面に打ち出されているように見えて仕方がない。冒頭に述べたように、邪馬台国は文献上の存在であり、行程も書き記されている。畿内の纒向を邪馬台国と断定するには、行程記述をどのように読み解けば、纒向にたどり着くかを明らかにする必要がある。しかし、この文献学的な検証が十分になされていないように思われるのだ。

 3世紀前半、全国に多くの「クニ」が成立していたことは間違いない。各地で発掘される大規模な環濠集落などを見ると、邪馬台国に匹敵する強力な国が存在していた可能性も否定できない。

 しかし、それらの国々は文献に書かれたり、伝承を経たりして後世に名を残すことはなかった。纒向もそういう国の一つではないのか。もし、纒向遺跡の年代が3世紀だとしても、『魏志倭人伝』の行程が纒向に行き着かないのであれば、そう考えるのが妥当ではないだろうか。

 『魏志倭人伝』には倭の地のあり方に触れた三つの記述がある。

 (1)帯方郡から邪馬台国への、様々な国々を経由していく行程記述である。連続説や放射説など様々な解釈法が存在するが、邪馬台国に至るまでの国と国との間の道里(および日数)が記されている(図1)。
図1:邪馬台国への行程記述(連続説と放射説)
図1:邪馬台国への行程記述(連続説と放射説)
 (2)帯方郡から邪馬台国までの総距離に関する記述である。「自郡至女王国万二千余里」(帯方郡から女王国〈邪馬台国〉へは一万二千余里である)として「一万二千里余里」が明記されている。

 (3)倭の地誌に関する記述のまとめとして表れる次の文章である。
「参問倭地絶在海中洲島之上或絶或連周旋可五千余里」。一般的には次のように訳されることが多い。「倭の地を参問するに、海中州島の上に遠くはなれて存在し、あるいは絶えあるいは連なり、一周五千余里ばかりである」(石原道博編訳『新訂 魏志倭人伝 後漢書倭伝 宋書倭国伝 隋書倭国伝』岩波文庫より)